投稿

2020の投稿を表示しています

新刊「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」の画像倉庫。

イメージ
新刊、「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」のあとがきで触れているように、本の中の図は、著作権フリーでいろいろ議論のネタに使ってくれていい・・・という話になっているので。

発売日近辺のブログに画像倉庫を作っておきます、と書いてあるので、ここがソレです。

近況ですが、「みんなで豊かになる・・・」の紙の本のバージョン(遅れておますが近日発売です)の準備と、もう一冊別に出版社から出る方の原稿にかかりきりになっています。こういう何かを「リリース」する時って神経を凄い使うんでなかなかネットで露出してアレコレやることから遠ざかってしまいますが、ワタクシは元気にやっています。

「リリース」が色々と確定していったら、また腰を据えてネットでの活動を再開しようと思っているので、そのさいはよろしくお願いします。

では以下、図を貼っておきます。ご自由にお使いください。

ジャーナリズムさえ残るなら朝日新聞は潰していいはず

イメージ
日本の新聞や出版業界の不況のニュースを聞かない日はないぐらいですが、じゃあどうしたらいいのか?について、「そもそもの物事の見方」を変えようという提案を書きます。あらゆる「業界関係者」にとって意味あるものになるんじゃないかと思っています。

この記事の基本的発想は、過去20〜30年日本で繰り返されてきた

「その”ギョーカイ”を必死に縮小均衡で守る結果その”産業”が滅びる
みたいなことを辞めるにはどうしたらいいか?という話です。

目次は以下のとおり。


0●出版・新聞業界の現状を数字で確認
1●「業界の危機」を叫ぶ記事に毎回全然足りていない視点は「何のためのその業界なのか?」
2●「業界」の困窮がクリエイターやジャーナリストに与える影響について
3●その産業の一番大事な部分に、”真水”が行き渡る仕組みづくりを
4●お笑い業界や音楽業界の再生を参考に