スキップしてメイン コンテンツに移動

『他者に寛容でありたいと思っていたら果てしなく損な役回りを続けることになる連鎖』をどう抜け出せばいいのか。

なんか、一個前の記事、書いて良かったなあとは思うんだけど、もっとスッキリ言えないもんかね?ってずっと思ってるんだよね。

「スギちゃんみたいな余裕」が欲しいといいつつ、自分自身もそうなってないってとこあるしな。

なんでもっとスッキリ書けないのか?って考えた時に、結局「無意味な遠慮」をしてるんだな・・・・っていう風に、思い立った。

なんか、何回も、「こういうタイプの人はとりあえず現状そういう風な方向での言論をしておいてもらう必要があるし云々」みたいなこと言ってるじゃないですか。

ここ二ヶ月ぐらいの記事の中に、そういう方向の文章、結構書いたと思うんですけど。

その「遠慮」が良くないのかな?って思った。

って、これは「僕個人の問題」でありつつ、グローバリズムの中で日本人が自分たちの良さを発揮していくって時には普遍的な問題なのかな?って思ったりするんで、ちょっと書いてみようと思ってるんですが。

題して、

『他者に寛容でありたいと思っていたら果てしなく損な役回りを続けることになる連鎖』をどう抜け出せばいいのか。

みたいな話。

結論的には、

とりあえずは寛容な態度を取ることによって「色んな立場を包含するような全体の世界観」自体を自分で定義するとこまで行って、それの主張においては「寛容さ」を一切捨てて主張していく、という一貫した態度が必要

・・・・ってことになるのかな。



一個前の記事、内容的にはね、もうほんと凄い大事なことだと思ってるんですよ。

村上春樹エッセイのポジションが、石原慎太郎より倫理的に上位である

とか、

村上春樹は売国奴だからケシカラン

っていうのは、「光と影」にすぎないんで、

どっちかが偉い、どっちかがカスっていう立場から、本質的な事態収拾の流れは生まれ得ないんですよね。

その、「どっちもどっちさ」を自覚するところから始めないと、結局20世紀的な罵り合いの連鎖から抜け出せないわけなんですよ。

でね、この「どっちもどっちだと自覚する」っていうのは、凄い「他者に対して寛容であろうとする努力」を必要とするじゃないですか。

だから、「こういう方向の言論が盛り上がっているのも、それはそれで今は意味があるんだろう」的なことを、あらゆる方向に対して言い続けることで、やっと徐々に立ち上がってくるポジションだったりするわけなんですけど。(日本の外交の対外的態度も、もっと言えば”普通の日本人の人付き合いのあり方”も、結果的に常にこういう感じになってしまっていて、だからこそ時々暴発的なガス抜きが必要になっちゃってるんですよね)

その余波でね、結局、

「どっちもどっちさを自覚しないと前に進めないよという言論をやっていくにあたって、”それを主張していくという実際の行動面”においても過剰に遠慮しすぎてる」

ところがあるなあ・・・・と思った。

「村上春樹派」と「石原慎太郎派」に対する「寛容さ」を持った上で、全体としてマットウに組み合わせて行こうとする言論を組み立てるにあたって、その「言論を構築するまで」は、「真剣に寛容さを目指す」べきなんだけど。

いざ1つのメッセージになった「言論」をたちあげていくにあたっては、「無駄な遠慮をしていると誰のためにもならない」んだなあ・・・と思った。「自分だけカッコイイ極論」やってるだけじゃダメだぞ!”ということを主張する”にあたっては、「寛容さ」は捨てて堂々と主張しなくちゃダメなんだなと。

なんか大げさなことを言っているようで、そういう方向でどんどんやっていこうとすることは、独善じゃないんだろうか?っていうことについてはもう僕、中学生ぐらいから毎日ずっと考えてると言っても過言じゃないぐらい(笑)考えてきたことなんですけど。

でも、それをやっていかないといけないんだな、いや、やっていってもいいんだな、って思えて来た感じがある。むしろそれやんないと、無駄なとこで嫌な表現を使ったり、誰かに怒りをぶつけてしまったり、っていうような誰のためにもならないとこで暴発する結果になるんですよね。結局「世界の端っこにゴミを押し付け続ける世界の構造」が永遠に変わらないってことになるんで。



数日前に、「ドッグヴィル」っていう映画を見たんですよ。ちょっと古い映画なんですけど、奥さんがたまたま思いついて、「昔こういう映画見てさあ」って言い出したストーリーが衝撃的だったんで、見てみたんですけど。

ストーリーの詳細は、ウィキペディアページに譲るとして、単純に言うと、「デスノートの最後で夜神月が勝っちゃう話」みたいな(笑)

ヒドイ映画だな・・・と思ったんだけど、まあ確かに、「凄い作品」ではあったと思う。





以下、ネタバレ注意でお願いします!!!






と、言っておいて続けるとですね。

ある謎の主人公の女の子が、マフィアに追われてドッグヴィルっていうアメリカの僻地のムラに逃げてくるんだよね。で、かくまってもらうことになるんだけど、主人公は最初は素朴に「みんなとわかりあいたい」的に奮闘しているんだけど、最初は「わかりあえてるよね私達!」って興奮がある間はいいけどだんだんそのムラの人からイジメられ始めて、どんどん仕事増やされるわどんどん報酬減らされるわレイプされまくるわと同時にレイプしてきたオッサンの妻からウチの人を誘惑した悪女めとイジメられるわある事件の冤罪で罪人扱いされて常に重い車輪付きの首輪をはめて生活させられるわ・・・・・とヒドイ話が2時間半続くんですよ。

で、映画の残り30分、最後の最後に、そのムラの人は主人公の女の子をマフィアに売るんだけど、その子は実はマフィアのボスの娘で、で、その父親に、「お前をヒドイ目にあわせたあいつらをどうする?」って聞かれるんですよね。

最初は、「いや、彼らは可哀想な人たちだから、私だってツライ環境に生まれていたら彼らと同じことをしただろうと思う」みたいなことを言ってたんだけど、それに対して父親のマフィアのボスが、

「そういうのは傲慢だ」

って言うシーンがなかなか良かったんですよね。

そういうのは、自分だけ高度な倫理を持ってるという風に振る舞って、他の人達を見下してる傲慢な行為なんだ。君が果たしていると思っている「責任」を、「彼ら」も果たせるようにしてあげなくちゃいけないんだ

・・・みたいな話で。

それ自体は良かった。なるほどと思った。

だからといって、最後にムラを全部焼き払って皆殺しにする決断をする・・・ってのは、映画とはいえさすがにどうかと思ったんだけど(笑)

なんか、最後のボスの発言、

「彼らにも責任を果たす”権利”がある」 

って、ちょっと不思議だけど本質をついた表現だなと思った(見終わって奥さんと話してるうちにいつの間にか出てきてた言葉なんで、ひょっとするとこういう言葉は映画にはなかったかもしれないけど)。

勝手に、「こんな迂遠な話はわかってもらえないだろう」的な感覚を持つのは傲慢で相手に対して失礼な態度なのかもしれないなとか。



まあ、こんな迂遠なこと、普通の国じゃ無理だと思うんですよね。限られたインテリ以外にまで浸透させようとしていくことは。

でもね、「今の日本」ならね、「そのど真ん中」に、「そうだよな!!!」っていう共鳴軸を立ち上げることが可能だと思ってるんですよ。

『他者に寛容でありたいと思っていたら果てしなく損な役回りを続けることになる連鎖』

的な問題を、生身で心底感じ続けてきたのが「日本人」ですからね。

それに、「伝統的な右・左の紋切り型」の延長でアレコレやろうとし続けながら、結局「反対側の影」が大きくなって何もできないみたいな苦労を、今まさに大量にしてますから。

その「積み重なった徒労感」ゆえに、「やっと理解できる道」があるだろうと思うんですよ。

「集団的無意識」のレベルで、「右的に無理やり強がり続ける」のも、「左的に自己納得し続ける」みたいなことの、「どっちかだけじゃダメだ」っていうのは、だんだん明確に共有されてきてると思うので。

そういうのは、「政治的論争」みたいな形にするとほとんどすくい取れてないんだけど、それこそ「出ては消えていくお笑い芸人さんたちが捨て身で創りだしてくれている流れ」ぐらいのレベルで言えば凄い「20年かけて必死に準備してきた文化的ソフトウェア」があるんでね。

それは、過去20年間、「わかりやすい形になるもの」に注力するのを一旦辞めて、色んな意味で無理をしつつ勝ち取ってきた武器なんで。

そのど真ん中に、「政治論争」ではなく「面白い話」ぐらいのパッケージングで、「共有できる軸」を与えてやりたいと思っています。

「迂遠だろうとなんだろうと、コレを伝えていくしかない。このレベルで”20世紀的罵り合い”を超える視座で動いていかないと、結局何にもできない」

っていうところで、自分の中で「もうこれしかない。これを伝えるしか無い」って心の底から思えたら、もっと明快でかつピースフルで、色んな人に理解してもらえるパッケージングができるようになっていくと思うしね。



大げさな話してますけどね、これは僕個人の問題というより、「日本人が共有する問題」じゃないかと思うんですよ。

「グローバリズムの中での日本人」ってなった時に、「ただ相手に合わせて自分を殺すだけにならない」ためには、「こういう覚悟」が必要なんじゃないかと思うんですよね。

なんで、いわゆる「タカ派」の人の勢いが止まらない状況になるかというと、全体として「周りに合わせて自分を殺す」方向でしか対外的に対応できてないから、その「一般的なポジション」の修正のために暴発する存在が必要になってるっていう因果があるんで。

勿論、相手に「押し付ける」のは良くないし、そもそも自分たちだって「自分たちへの押し付けでツライ思いをしている」ようなことを辞めていくことも大事なんですけど。

でも、「自分たちはこうなんだ、こういう部分が良いところなんだ」っていう部分を伸ばしていくのが、一番「ツライことをしなくても良くなる」ためには大事なことなんですよね。

相手に合わせるべき部分は合わせつつ、全体として「自分たちだからこそ誰よりも得意で楽にできること」を、どんどん押し出して押し出して発揮していくことが、「右と左の20世紀的罵り合い」を超えるための唯一の処方箋なんで。

そういう日本にしていくためにも、「紛争にならない形での青天井な自分たちの押し出し方」をムードとして作っていくためにも。

とりあえず自分が、「躊躇」してちゃイカンのだな、それは「相手に対する失礼」なんだな・・・っていう風に思おうと思えてきました。

まあ、よく考えれば「21世紀の薩長同盟を結べ」には、そういう話が沢山書いてあったんだよな。

あの時は、色々と怖いもの知らず的に書けた部分もあったんで、今度はちゃんと意識的な覚悟を持って、次回作を書ききりたいと思ってます。

今の日本なら、これは「世界の行き止まりを超えるための倫理的問題」みたいなことじゃなくて、「日々の働き方の問題」「経済合理性の問題」としての「お話」に落とせるはずなんですよね。

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。

中国を「ドラゴンボールのベジータ」扱いすることが東アジア平和のカギ。

4月15日土曜日は、

地味に色んな人が「米朝開戦の危機」と騒いでいて、三重県の山奥に住んでるアメリカ人の友人の家に滞在しながら(これは別に疎開してたんじゃなくてもともとずっと前から遊びに行く予定だっただけですけど)、チラチラとスマートフォンが気になって仕方がないみたいな微妙な時間を過ごしました。

とりあえず、一番「危機」的な状況は回避できたんじゃないかという様子で、かなりほっとしてます。

勿論まだまだ何があるかわからないわけですが、しかし単に最大の危機をやり過ごせたというだけでなく、むしろ、「こうなったらいいな」と長い間思っていた流れになったんじゃないかという予感もあり、現在の状況を「欧米的な戦略論の見地だけではなく、”東アジア流のモノの見方”で」眺めて見ると、新しい視点が見えるんじゃないかと思うので、ぜひ聞いて欲しいわけですが。



今回の北朝鮮危機は、米軍がシリアを爆撃して「見せ」て、かつ空母部隊を東アジアに持ってきて、日韓との連携を威圧的に見せつけ、「次核実験したら先制攻撃もありえる」と発表し、一方で中国には何度も「あいつを抑えるのはアンタの責任だぞ」アピールを続け・・・という状況で、もし北朝鮮がこれでも折れずに核実験を強行したら、米国側としては「振り上げた拳の持って行き場」がなくなってしまって本当にキケンな状況ではあったわけですが。

結果として、ずっと「核開発&ICBM開発で米国直接核攻撃能力を得るまで一直線!」だった北朝鮮が、予定されていた?核実験を回避し、ミサイル実験も米本土向けのものではないのを一発だけ・・・ということで、ちゃんと「忖度」するモードに入ったこと自体は非常に非常に評価できると思います。

そして何より、中国が「ちゃんと北朝鮮を抑える役割」を果たすポジションになったこと自体もメチャ大きい。

シリア爆撃したり、空母部隊持ってきたり、沖縄の基地に戦闘機を並べて見せたり、先制攻撃の可能性について言及したり、自衛隊などとの連携をアピールしたり・・・というのは、「トランプ&安倍嫌い」の人から見たらほんと「許しがたい野蛮人の振る舞い」に見えるかもしれませんが、そして本当に「危ない橋を渡った」ことを否定するものではありませんが、「東アジアの流儀」的にこの問題を解決しようとするならば、私の感覚としては「適切なタイミングで適切なメッセージを積んでいった、とて…