スキップしてメイン コンテンツに移動

英国EU離脱の混乱には希望がある。

英国のEU離脱を決めた国民投票の結果で世界中の市場が大混乱となり、「市場寄り」の立場の人からはほぼ例外なく「愚民どもが!」的な苦々しい反応が溢れていました。


しかし私個人の正直な感覚では、こりゃ結構「希望」を感じる(イギリスにとっては勿論世界の他の国の人間にとっても)出来事でもあるなと感じているので、それについて書きます。


私個人は投票前日まで、「まあ残留するだろうな。でもここで残留すると、イギリスは過去数百年のように特殊な世界的影響力を持った国ではなくなって、”普通の国”になるしかなくなるだろうし、長期的に見てそれが彼らにとって良いことかどうかはわからないな」と思っていました。


なので、離脱決定のニュースには驚くと同時に、「お、イギリス国民結構やるじゃん、男前だねえー」という感じがしました。


言っておくけど私はアメリカのトランプ旋風は嫌いだし、欧州大陸の国々でくすぶってるちょっとネオナチっぽいいわゆる「右派ポピュリズム」みたいなのも嫌いです。が、今回のブレグジットはそれらとは随分違う印象を感じるんですよね。


端的に要約すると、


「アンチ市場主義」はそれ自体が単なる極論として「異議申し立て」されると「一理どころか百理ぐらいあるかもしれないが受け入れるわけにはいかない事情も人類にはある」が、今後イギリス政府という老獪さの塊みたいなプレイヤーがEUと交渉を進めていくことで、「実利と理想」を漸進的に導入していく力になるのではないか?


というようなことです。もっと端的にいうと、


異議申し立て人がテロリストならマトモな交渉は全然できないが、相手がイギリス政府なら交渉できる。それによって、極論同士の罵り合いを超える漸進的な合意形成が可能になるかもしれない。


ということです。


目次はこうです。

1●本当にイギリスにとってめっちゃ悪手かどうかはわからないぞ?

2●ブレグジットがもたらす人類へのポジティブな希望

3●まとめ




1●本当にイギリスにとってめっちゃ悪手かどうかはわからないぞ?


本題に入る前にちょっと脱線かもですが、今回の決定はイギリスにとって「経済的に最低の悪手」だというのが常識みたいになっていますが、そこのところも少し疑ってもいいように私は感じています。


と、言うのも、「狭義の意味で合理的」なことばかりやっていることがトータルに見て「合理的」かどうかはわからないことも世の中には多いからです。


色んな、「見た感じ明確なマイナス面」はあるんですよ当然ね。EU単一市場へのアクセスの問題。色んな書類仕事が増えて障壁が増えるからロンドンの金融市場の存在感も減るという話。


ただ、こういう「大きくマクロに見て因果関係を考えた」話が、やってみたらそれほどでもなかった・・・ということはよくあります。


通貨安になったら輸出は増える・・・と言われてたけど案外増えなかったよねとか。金融緩和をすれば物価は上がる・・・と言われてたけど案外上がらないよねとかね。


なんでこうなるかというと、こういう「超マクロな因果関係」が具現化する経路はいわゆる”非線形”というか、「ある閾値を超えるかどうかが重要な階段型の変化」だからなんだと思います。


要するにその通貨の信任が「明らかにこいつらヤバイぞ」って思われるぐらい緩和したら当然物価は上がる(というか通貨が破綻するというか)んだけど、それまでの段階では人々はそこまで考えて生きてないという話ですね。


なめらかな線のグラフが引ける比例関係ではなくて、どこかでガツン!と変化する階段状になっている。


そんな感じで、イギリスとEUとの越境商取引に関しても、そもそも上手く交渉すれば今とさほど変わらない条件で妥結できるかもしれないし、多少は見劣りする条件になったとしても、その他のプラス面でトントン(官僚主義の大陸欧州でウルサイこと言われるよりは、やっぱ色々ほっといてくれるロンドンがいいよねとか)なら、それほどの悪影響はないかもしれない。(油断してちゃダメで、問題を最小限に食い止める真剣な交渉がこれから必要というのは当然の話ですが)


だから、「悪影響は最小限に、そして今までかかってたストレスはサヨナラ」になれるかもしれない。


こういう時に、「横並びではない本当の優位性」ってのが出るんですよね。全部のプレイヤーが同じ条件でやってるかと思ったら、実は月とスッポンを同列に扱っていただけだったということが白日のモトにさらされる。


中小企業の場合横並びの価格がどんどん叩き合いになってってる市場において、「どれだけサービスをプライド捨てて安かろう悪かろうにできるかレース」みたいになっている時があって、でもその時に「堂々と値段をあげられるかどうか」が起死回生に大事だったりすることがあります(大企業だと競合との状況が世間的に可視化されすぎているので色々と難しいんですが)。


いわゆる「みんなと一緒の条件」で叩き合いになる市場からどれだけ逃げられるかが大事ってことね。


で、例えば何かの値段を10%上げるというのは売り手側としては全然違う余裕が生まれるぐらい大きな変化なんですが(特に利益率があんまり高くない事業だと)、その時に経済学の教科書みたいに10%あげたらキレイに線形に10%分比例して売上が落ちるわけじゃないんですよね。


むしろ、真剣に準備して哲学を持って値上げをすると、むしろ”個数で見た”売上すら上がったりすることがある。(つまり10%値上げしたんだから売上金額で見て10%程度のゲインがあるのは当然ですが、”個数”で見ても上がることがあるということ)


要するに、値上げするにしても、考えもなしに値段を上げまくったら一気に客離れする地点というのは階段状にあるんだけど、その「階段上がる手前」で、しかも「こういうサービスをちゃんとやるにはこの金額が必要だからこの値段にします」というような真剣な哲学を持ってあげることは、むしろブランド価値に繋がる・・・というような構造があるんですね。


お前のクライアントみたいな中小企業と、兆円単位の売上がある国際企業や国レベルの話を一緒にするなよ・・・と思うかもしれませんが、私は国でも同じことはあると思います。


通貨安になったら輸出があがって・・・というような単純な因果関係が「実現するはず」と思ってたら違うことがあるように、EUとの間の色んな障壁が復活するとロンドンは大ダメージなはず・・・と思ったら案外そうでもなかったということは充分ありえる


今金融市場的には大混乱ですけど、あれは「ショックがあった時に資産をどの形で持っているかによって大損食らったりするゲーム」をやってる人たちなので、神経質にならざるを得ないからああなっているわけで。


そこから少し離れて長期的な影響だけを見ると、案外「そんなにマイナスじゃなかった」ということは充分ありえると思っています。”ありえる”と言ってるだけで”絶対そうだ”とはとても言えないバクチなのは確かだと思いますが。


実際、今回の投票前には、色んな「イギリスの有名人」が「俺は離脱派」とか「俺は残留派」とか表明していましたが、まあミック・ジャガーがお気楽に離脱支持なのは当然としても、英国のビジネス関係者の中にも結構離脱派はいる印象でした。


それも、市場が混乱するほど儲かるFX市場のシステム作ってる会社の社長が離脱派なら「まあそりゃアンタはね」と思いますが、「あの掃除機のダイソン」の社長が離脱派支持というのはなかなか意外な感じがしますね。


要するに、「明らかにあるとわかっているマイナス面」は真剣に対処すれば回避できる可能性があるが、一方で「色々とムカついてたんだよね!」的なことがスッキリすることの効果が、回り回ってプラスの影響力をあちこちに及ぼしていくことがあるんですよね。


それに、「長期的に信頼されるブランド」というのは、創業期に「世間的に見ればソンかもしれないけど、これじゃなきゃ俺らじゃないよねという決断」を継続してしていることが多いですよね?


そういうのが全くなくて「狭義の合理性」のお化けみたいな感じで成長していくと、その事業の独自性がない「誰でもできることをたまたま今はうまくやれてる」感じになりがちだし、世間的な深い信用が得られずにちょっとした逆境で潰されてしまったりする。


もっとミクロに個人レベルの例でいうと「大企業にそのままいたら安泰だったのになんでわざわざ独立したりすんの?」みたいな話だと考えてみるといいかもしれません。


実際、今回のイギリス人の決断で世界中が「ぎゃあああ」ってなってるわけで、これはある意味で「英国というもののパワー」を世界に知らしめていると言っても過言ではないですよね(笑)


イギリスは、GDPの数値で世界の中で何%、EUの中で何%とか言い出すとたいした大きさじゃないわけですけど、こういう「ガッツ」をたまに見せることで世界中がイギリスに注目せざるを得なくなるという選択肢・・・これはそんなに「悪い決断」ではないと思います。


むしろ、(投票やり直しの書名が100万件集まったりしてるそうですが)こんだけ世界中を混乱させた今となってからやっぱり残留したとなると、「あいつらはいつも口ばっかり自分は特別と思って振る舞うけどいざとなったら日和ってしまう奴ら」みたいな扱いになって、長期的にイギリス発のブランドが持ちうるパワーの源泉が大きく毀損してただろうとさえ思えてきます。レッド・ツェッペリンもピストルズもオアシスも結局口だけ達者な奴らだったんだねみたいになる。



2●ブレグジットがもたらす人類へのポジティブな希望


・・・・という前置きを書いた上での、今回の事件のより広い、人類全体とかそういう意味での影響のポジティブ面について考えてみたいんですが。


冒頭に書いた、


「アンチ市場主義」はそれ自体が単なる極論として「異議申し立て」されると「一理どころか百理ぐらいあるかもしれないが受け入れるわけにはいかない事情も人類にはある」が、今後イギリス政府という老獪さの塊みたいなプレイヤーがEUと交渉を進めていくことで、「実利と理想」を漸進的に導入していく力になるのではないか?


という話ですね。


もっと端的にいうと、


異議申し立て人がテロリストならマトモな交渉は全然できないが、相手がイギリス政府なら交渉できる。それによって、極論同士の罵り合いを超える漸進的な合意形成が可能になるかもしれない。


こうです。


いわゆる「市場関係者」が例外なく苦虫を噛み潰したような反応だったのに対して、ある程度「左派」な感性を持ってる人が「新自由主義グローバリズムの限界を露呈した!」的な応援メッセージを出しているのをよく見かけます。


まあ、そうなんだろうと思います。


一方で、そういうご意見の方にぜひ考えてみて欲しいのは、これだけ世界中で怨嗟の声が上がっているグローバリズムがなぜ今まで止まらずにいるのか・・・について、単に強欲な資本家どものエゴで世界中が操作されているからだ・・・以上の理解をすることが、「どうしたら本当に止めるのか」について重要な一歩となるんじゃないかということです。


要するに、20世紀には、ここのところを「直情的な良心」だけで突破しようとしてヒドイ混乱を巻き起こしてしまったという反省があるわけですよね。


・当時のグローバル化を無理やり止めたブロック経済が、「比較的余裕のない国」を一気に窮地に陥らせて暴発させ、世界大戦への発端となった。

・市場メカニズムへの憎悪が暴走して共産主義独裁となり、その独裁者の気まぐれで数千万人餓死することになったりした。


ここまで大げさでなくても、今回のブレグジットだって物凄く丁寧にうまくやらないと、イギリスの庶民にとったらマイナスのほうが大きい可能性が高いわけです。


つまり、「グローバル資本主義」の過剰な部分と、「直情的な良心の絶対化がもたらした巨大な災厄」というのは表裏一体のものなんですよね。


だから、「今のグローバル経済がやりすぎててサステナブルでない」というのはかなり広範囲の合意なんだけど、「それを今度は逆向きにやり過ぎない程度うまく是正するには?」というところが最大の問題なんですよ。


そこのところで、「20世紀の大失敗に陥らない形」が見えてないから、じゃあ「逆戻りする大破綻」を避けるためにはある程度コワモテの新自由主義が現状必要だよね・・・という構造がここにはある


だからこれを「ちょうど良さ」を目指して調整することは、市場主義者もアンチ市場主義者も共通の課題なんですよね。全部相手のせいにして罵り合ってる場合じゃない。


だけど、今のシステムが気に食わないからといって、「自爆テロをやる人とか、あまりにも原理主義的なことを言う20世紀型の左翼運動家とか」が「異議申し立て」にぶつかってきても、平行線の議論がぶつかりあうだけで全然「ちょうど良さ」を目指すことができないじゃないですか。


そこで今回のブレグジットですよ。ここで「異議申し立てをしようとし始めた」人たちの多くは、確かにあんまり現実的な世界の事情への調整力とかはないかもしれないけど、それを実際にEUと交渉するのはイギリス政府ですからね。


「極論同士の罵り合い」じゃない形で、大事な臓器も一緒くたに切除してしまうようなのじゃなくて、一枚一枚ピンセットで組織を分化してガン細胞を取り除くような作業が可能かもしれない。


そしてそのプロセスに世界中の金融市場が一喜一憂するし、あらゆる世界中の知識人がアレコレ言うし・・・となる中で、人類は「全部敵側のせいにして自分らの理論の完全性に酔っている」ような方向性では決して新自由主義を克服できないんだな・・・ということを理解した上で前に進むことができるようになるかもしれない。


実際、色んな英国在住の日本人のコメントを読んでいると、「こりゃいくらなんでもあんまりだよね」っていう話は沢山ありました。


愚民どもが!と思ってた市場関係者のあなたも、例えばこの谷本真由美さん(通称”めいろま”さん)の記事を読むと考えが変わるかもしれません。


EUの最初の目的は、そもそも関税障壁を撤廃して、域内の経済を活性化することでした。しかし、EUは役所として肥大化してしまい、次第に、わけのわからない法律を作るようになりました。
そのような法律の少なからずに実現性がなく、各国の事情を反映していないので、ビジネスや法務にとって大きな足かせになっています。
例えばタンポンの消費税を決める法律、掃除機の吸引力がすごすぎてはいけない、ゴム手袋は洗剤を扱えなければならない、スーパーで売られるキュウリとバナナは曲がっていてはいけない、ミネラルウオーターのボトルには「脱水症状を防ぎます」と書いてはならない等です。
なぜこんなバカげた法律がたくさん作られるかというと、EU関係者には、様々な企業や政府内部の人が、ロビーストを使って圧力をかけているからです。ロビーストというのは、お客さんからお金をもらって、政治家やマスコミを使って、作られる法律をお客さんの有利にする弁護士や広告代理店やコンサルタントのことです。
こういう法律があるおかげで、ヨーロッパの掃除機の吸引力は低く、部屋がなかなか綺麗になりません。部屋があまりにも汚いので、こんな規制が必要だと思っている人は誰もいません。
EUの役人はこういうバカげたことを決めるのに多大な時間とお金を費やしています。でもEU関連機関の役人の給料は大変高く、待遇は国連よりも遥かに良いのです。そういうお給料を維持するために、意味不明な仕事を沢山作らないといけません。だから掃除機の吸引力はとても重要です。


こういう話になってくると、”市場関係者”さんは「そりゃ離脱すべきだ!」と考えが変わるかもしれません。


リンク先の記事には、平均月収が4−5倍も違う国から、英語も話せないし英国社会に溶け込む気もあまりない移民が年間18万人(この数字はいわゆる高機能移民も含まれているでしょうが大枠では)も押し寄せても拒否することが許されずビザも要求できず、しかも医療も学校も無料なのでパンク状態(政府が彼らに通訳を用意する義務すらあるらしい)、公立小学校で英語が話せない生徒がほとんどなところまで出てきている・・・など色々と面白い話が載っています。


中国は都市によって全然違うので単純比較は出来ませんが、ざっくり言えば平均月収が4−5倍というのは現状の日中間に近いと思うので、中国からビザなしでいくらでも移民できて日本は拒否できず、彼らは日本語を覚える気もあんまりなく、彼らへの医療と学校を無償提供が必須でパンク状態になり、ある地域の公立小学校は9割中国人になってしまい・・・とかを想像すると、「もともと中国に対して偏見なかった人も相当排外主義的になる」可能性はあると思います。(それをちょっとでも言うと排外主義者!とか都市部の意識高い系住民から上から目線で批判される状況だったりすると余計にね)


ここにあるのは、理想の追求はいいけど、一歩ずつやらないとみんな理想ごと捨てたくなっちゃうぜ?という問題なんですね。


同じくロンドン在住の伏見香名子さんの記事での、ピーターバラという地方出身でロンドンの有名大学に進んだ若者の正直なコメントが興味深かったです。


「当初、地元では移民の人たちはどんな人たちなのか、とても好奇心も持っていたし、ワクワクもしていた。何かこれまでと違ったことが起こるのではないかと期待していた。でも、地元の小さな街に移民は次から次にやってきて、技能も持たず、英語も話さず、街に溶け込もうともせず、隔離されたコミュニティーに暮らしていた。犯罪歴の有無すらチェックできない。彼らの国より賃金の良い英国に来たがる気持ちは良く分かる。でも、制限なしに受け入れられるほど、大きな街ではないんだ。病院も、学校だって作らなければならない。ロンドンのように、すでに多くの外国人が暮らしている所とは違う」



この若者による、


ピーターバラでは異常な移民増加が起きた。不安に思う事は誤りではないのに、移民問題そのものを語ろうとすると『お前は外国人恐怖症だ』『不寛容だ』『移民じゃなくて経済が問題なのだ』と一蹴され、黙らされてきた。離脱に動いたことで、僕らの言い分にも一理あると思ってもらえるかもしれない。移民への不満を言う人々は無視され、頭が悪いのだという目で見られてきた。



というコメントは一聴に値すると思います。


こう見ていくと。「キレイな理想は現実とのすり合わせの上で進めていけばみんなの価値に繋がるのに、その辺を現実を無視してゴリ押しにするから、理想ごと廃棄するようなムーブメントになってしまうんだ」ということが問題の核心だとわかりますね。



●まとめ


ライフルの弾丸は真っ直ぐには飛ばず、常に山なりに飛行するので、優秀な狙撃者は対象との距離や風向きなどの「ノイズ」分を補正して照準を合わせるそうです。


どんなキレイな理屈も現実とぶつけると色々と問題が起きます。単に照準器のセンターに目標を入れて引き金を弾いても当たらない。常にその状況で発生する「理屈外の現象」=「ノイズ」を感知して補正して行動し続けることが必要になる。


あなたの価値観によっては、この「ノイズ」という言い方が既に問題で、理屈よりも現実のほうがさきにあるから「ノイズ呼ばわりされているものこそがリアリティ」という言い方もできるかもしれません。しかし、半径数メートルの人間関係を超えた、何十億人の人類社会を運営するには何らかの理屈が必要だという事実から発想すると、「ノイズ」という言葉を使う正統性もまたあるかもしれません。


まあどちらにしろ、常に「想定外のリアリティと向き合い続けること」が人類には求められているわけですが、社会的に恵まれた権力を信任された存在(官僚とか富裕層とかある種の分野の学者とか?)はそのリアリティと向き合わずに済んでしまう真空状態が発生することが良くある。


そういう風に生きていると、「俺サマが照準器の真ん中にちゃんと対象を入れてスイッチ押してるのに当たらないのはアイツラがオカシイんだ」という風な気持ちになってくる。


ここで「現実側からのバックラッシュ」として、「恵まれない怒れる俺たちのエネルギーをアイツラにも味わわせてやる!」というムーブメントが補正にかかる・・・のは自然の摂理なんですが、そういう20世紀的ムーブメントだけだと、「とはいえ人間社会は何らかのシステムがないと維持できない」という事情の前でどこにも行けなくなるんですよね。


大事なのは、「照準器がどれだけ現実と離れているかを適切にフィードバックして反映し続ける回路を人間社会が持てるかどうか」です。


一発目打ってみて、着弾の位置を確認すると、「あ、距離これぐらいだな、風もちょっとあるな。じゃあ方向性をこう補正しよう」ということが可能になる。そうやって「理論」と「現実」の間の誤差をすりあわせ続けていくことで問題を解決できる。


ここで、「リアリティとの誤差を知らせてくれる」役割がテロリストや極端に原理主義的な左翼理論家だったりすると、「間違ってるのはわかるけど誤差修正に活かせない」という袋小路に陥りますよね。というか実際今の人類はそうなってる。逆側に押し切られると別の地獄だから今の方向で押し切り続けるしかなくなってる状況。


だからこそ、今回のブレグジットをうまく活用すれば、人類は「進化」できる。20世紀的に「相手が全部悪い」型の極論同士のぶつかりあいを超える可能性が生まれる。


そのためには、「極論同士の議論」にはならないような、「刻一刻と変化する微調整が可能な場の設定」がカギなんですよ。


以下は今書いてる本の図なんですが、図中では「日本」になってますが世界全体で見てもこういう問題はあるんですよね。

f:id:toyonaga-san:20160626043104p:plain
イギリス政府の関係者から見ると、自分らが望んだわけでもないEUとの交渉をやらされるのはちょっと嫌かもしれませんが、「決まったのならその中でベストを尽くす」ように動くなら、「イギリス経験論的地べたの現実」と「大陸合理論的なドグマ」の間を微調整に微調整を重ねるようなプロセスが具現化し、それを世界中の市場関係者と知識人の議論がつっつき回すことが可能になる。


そのプロセスが、人類を「進化」させてくれる可能性を私は感じています。そういう目で、今後色々発生し続けるであろう問題を見ていると、あなたの願いもあなたの宿敵の願いもトータルな社会像の中にうまくフィットする部品として噛みあう可能性が見えてくるかも?






それではまた、次の記事でお会いしましょう。ブログ更新は不定期なのでツイッターをフォローいただくか、ブログのトップページを時々チェックしていただければと思います。


また、こういう話について私はずっと本を書いてるんですが、いつ出るんだ的新作が出るまでは過去作品をお楽しみいただければと思っています。


今回のブログで書いた「現実と理屈のすり合わせ」を社会的に大規模に起こすシステムの整備が、「個々の論点における極論のぶつけあい」よりも重要だ・・・というのを幕末の薩長同盟に例えて書いた「21世紀の薩長同盟を結べ」はデビュー作的に気負ってしまった暑苦しい文体が苦手でない方には好評です。その他、アマゾンのサブカテゴリで1位になった「日本がアメリカに勝つ方法」は、その「理論と現実のすり合わせ専門職」を強みとして活かすことで日本がアメリカに勝てる道が開けるという本。上記二冊のように暑苦しい文体が苦手な方は、女性読者に一番好評な三冊目「アメリカの時代の終焉に生まれ変わる日本」をどうぞ。



倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター
(当記事の絵や図は、ネットでの再利用自由です。議論のネタにしていただければと思います)

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。