スキップしてメイン コンテンツに移動

日本化する韓国、韓国化する日本?

韓国大統領選挙の結果が出て、いわゆる左派のムン・ジェイン候補が新大統領になったそうです。

私は韓国情勢の専門家でも全然ないなりに、個人としてのこの人をインタビューその他で見ていると(特に動画で直接話してるのを見ると)、「親戚にいたら仲良くやれそうなオジサン」ぐらいの、人間的にはとても良い人な印象なんですが、しかしこの時期にこういう人が大統領になるのでいいのか?というのは、他人事ながら心配にならざるを得ません。

じゃあ私の専門は何かと言われれば経営コンサルタントなわけですが、「人間の集団の動き」という面から見て、韓国は過去20年ぐらいの日本の悪いクセを後追いしていっているような予感がします。まさに「日本化する韓国」。と同時にひょっとすると日本のどこかに、過去20年ぐらいの韓国の良い面のようなものが、新しく胎動しているのではないか、そうならいいな・・・というような感覚もあるので、そういう話をしたいと思います。



今回の韓国大統領選についてニュースで見ていて、色んな候補の支持者が一様に、細かい政策(いや、”細かい政策”ですらない大枠の話ですら!)の話について聞かれると即座にでその話題をほとんど拒否するような形で、

「(政策はともかく)とにかく政権交代をして民意を突きつけることが重要なんだ」

というようなことを言っていたのが非常に印象的でした。別にディスるつもりはないんですが、あまりに自分の価値観と違うので、「へえ、そういう考え方もあるのか!」と思ったというか(笑)

どっちが良い考え方だとか言うつもりは全然ないですが、少なくとも私は「政権交代をした後何をするか」が一番大事で、その明確なビジョンがない時期にはあえて対立側に権力を渡しておくことすら意義があると思っているぐらいなので・・・

しかしこう、いわゆる過去20年の、最近あちこちから揶揄されている「日本のサヨク性」といったものは、まさに「こういう価値観」がベースにあったんじゃないか・・・というふうに思い当たりました。



過去20年、特に日韓ワールドカップあたりから、韓国という存在が日本の中で非常に大きな存在感を持つようになってきましたが、思い返せば韓国と日本は常に「決断と行動力と一点突破の韓国」「バランス感覚と地道さはあるがグダグダな日本」という対比のイメージで捉えておけばほぼ間違いないような印象だったように思います。

実際、財閥系の「家」が独裁的権力を持っているトップダウンの経営環境の中で、激変するグローバル世界の中にバシバシ打って出るサムスンをはじめとした財閥系韓国企業に対して、日本の古い大企業はサラリーマン経営者がグダグダと合議をしているうちにチャンスを逃しまくり、縮小均衡に縮小均衡を重ねていくうちに世界での存在感を失い続けた20年・・・という時代でした。

とにかく徹底したコンセプト一点主義でまとめたバリバリのEDM楽曲に、堂々と整形してキッチリ「商品」化したスターが徹底的に訓練したダンスをする韓流グループなど、こちらも「日本の芸能」が特にアジアでの存在感を失いつつあるのに対して一気にそれを「入れ替える」活躍をしていて、日本人としては「羨ましいような、でもちょっとやり過ぎ感についていけないような」微妙な思いを味わい続けてここまで来ました。

つまり韓国というのは「財閥」や「家」といったガチガチの旧世界的システムで守られた縦線の強さを基本として、徹底したトップダウンの行動力で、グダグダになるのを避けることで、その特異な力をここ20年発揮してきた国だった・・・はずです。

しかし、どうもここ最近の韓国を見ていると、まるで「グダグダだった時の日本みたいだ」という感じがします。社会を徹底的に縦に縛り上げていたタガが外れて、あらゆる構成員の不満が噴出し、その感情エネルギーの膨大さゆえに誰も「行動の結果」に対して責任を持てず、「やることへの没入感自体」にのみ価値を感じて突っ走ってしまう感じ。

財閥も解体する・・・ということですし、いわゆる「経済民主化」路線によって韓国は、これから過去20年ちょいの日本が陥った「グダグダさ」の海に沈んでいくのかもしれません。



ただ、財閥を解体し、格差問題に対処し、できるだけ平等で納得感のある社会を目指すこと自体は、韓国社会にとって避けられない課題なのだと思います。その課題への対処が、一時的に「今までの一番の長所」の輝きを失わせてしまうのだとしても、その道を行かないと、彼らが言うところの「ヘル朝鮮」社会が自分たちの「社会への納得感」が維持できないぐらいのところまで行ってしまっているのでしょう。

個人的には「韓国人の一本気なところは、たまにウザいけどキライじゃない」という感じなので(笑)その困難さを乗り越えて、新しい「彼らの良さ」の発揮パターンが見えてくるまでの時期ができるだけ短いことを祈りたいと思っています。



一方で日本です。色々不満もあるでしょうし、安倍政権やその支持勢力に問題がないとは全然思わないんですが、「政策でなく政権交代自体が目的」という志向に対する抑圧力が社会の中に高まっている(主に民主党政権時代に対する大衆的反感ゆえに)ことで、「とにかく安倍を倒せさえすればいい」というムーブメントに対しては、民意的に厳しい判断がくだされている状況を、まずは第一歩としてプラスに捉えたいと思っています。(これは別に安倍政権がメディアに圧力を加えているから・・・というのではないはずです)

これは安倍信者だから言ってるのではなくて、もしあなたが安倍嫌いの人だとして、とにかく倒せばいいんだという形で安倍氏を倒したはいいものの、「その後何をするのか」に対する一貫したパッケージを提示できずに「安倍氏を倒した次の日から生まれる空白」を信頼感をもって埋めることができなかったら、「普通の日本人的大衆」の「左派的なものへの忌避感」はもっとさらに高まって取り返しがつかなくなるんじゃないか?ということを私はいつも恐れています。

「準備なしに安倍を倒すことだけを目的に暴発したならおそらく必ず起きてしまうその問題」の深刻さに比べたら、安倍長期政権がもたらす色んな「問題」なんてカワイイものだという感覚が私にはあります(それでいいと思ってるわけではありません)。

願わくば、「結果的な政策に対して無計画的なサヨク主義」に対する抑圧力が高まっている状況をうまく利用して、その高圧に晒された特異環境から「新しい自分たちの軸」を見出し、過去20年の韓国(人・会社・国)を羨ましい思いで見ていた時のような「良さ」について、今度は日本がそのお株を奪うような方向性を出していけたらと思わずにはいられません。

そういう役割を民進党に期待してたんですが、あんまりそういう感じではなくなりつつあるみたいで、もうどんどん「アンチ安倍政党」になってしまわれて、個人的には残念な思いを持っているんですが。

最近の世界的な選挙動向を見ていると、

「過剰なグローバリズム志向で市場原理主義」からは一歩引いてそれなりのバランス感覚を持って運営できるようにしたいんだけど、それをやれるまとまった主体を探すと「メチャクチャ”右”すぎるもの」にならざるを得なくなる

というジレンマがあるように思います。

ここで重要なのは、「右」の要素は「手段」でしかなく、それなしにちゃんと中道的なところでマトマレルのであればその「右要素」自体を人々が強く欲しているわけではないのではないかということです。

安倍氏やその近辺の「右」的要素に対して懸念を持たれている方は、ぜひ「安倍を倒してから何をするのか」についての統一的なパッケージを用意することにこそ、もっとエネルギーを使って欲しいと思っています。

私も微力ながら頑張ります。長年ペンディングになっていた書籍をこういうテーマで書き始めることにしました。しばらくブログアップ等が滞るかもしれませんが、ご期待いただければと思います。

個人的に非常に希望を感じているのは、複数の私のクライアント企業で、それぞれ別個に、「強権的なリーダーシップでゴリ押しするかグダグダになるかどちらか」ではないような流れが実現しつつあることです。

具体的には色んな事例があって、

「派手じゃないがマトモな人にちゃんと権力が渡る時代になったな。ちゃんとそういう人(口先だけ派手な人でなく)の意志をみんなが当然のこととして盛り立てていける情勢になりつつあるな。」

とか

「長年そうすべきと考えてた施策に守旧派が大反対していたが、キーパーソンが辞めるの辞めないのと大騒ぎしたドラマのはてに、結果として知らないうちに、守旧派さんも納得してその道に踏み出すことに決められた」
とか、なんかそういう「長年ずーっとイジってた知恵の輪がふと外れてしまって自分で驚いた」というような話です。

長い間グダグダになっているとそのこと自体の経験効果もありますし、「マトモな理屈の運用方法」にも習熟してくる人が出て来ている。

結果として、ゴリ押しではないが、「このタイミングで、当然こういう決断するでしょ!」という方向に、自然と動かせる事例が増えてきました。

「空気を多少は読むしそれを積極的に利用するが、グダグダにはならずマトモな理路が通るように持っていけるスキル」を、無数の「失われた20年に苦しんできた」日本人が身につけつつあるのではないかという予感がある。

それはまだ、私のクライアント企業の小さな事例に過ぎませんが、相互に関係なく同時多発的にそういうことが起きつつあることには非常に希望を感じます。

過去20年間派手な「相手全否定の理論」を振り回して罵り合っていた人たちにはない力を、うまく育てて結集していけたらいいなと思っています。



この記事に関連して、北朝鮮・中国・韓国を含む「東アジア人の義理の連鎖」が閉じはじめて、「日本の右」と「中国政府」が「ちゃんと同じ条件」に乗っかるようになったことで、はじめて「日本の右の過剰で良くない部分」をも抑止することが可能になってきている・・・という話を前回書きました。

中国を「ドラゴンボールのベジータ」扱いすることが東アジア平和のカギ

「条件」があまりに違う状況で「日本の右」に厳しく、そして「中国政府」には条件が甘い・・・という状況で圧力をかけていこうとしても、不公平感ゆえに「左翼的理想」そのものへの忌避感や一般的憎悪を余計に煽る結果になってしまいます。

そこで中国を「ベジータ(ドラゴンボールの)」的存在として扱う「意識高くない系同士のコミュニケーション」を利用することで、最近目に余るマイナス面も出てきた「妄想的なレベルの自国礼賛」とかいったレベルの「日本の右」の良くない部分も、本質的に落ち着かせる流れを起動させることができるはずです。

もしあなたが「安倍嫌い」の人だとしたら、今回の記事と、この前回の記事のような方向での「倒した後のことをこそちゃんと考えた戦い」を意識していただきたいと私は強く願っています。



それでは、また次回お会いしましょう。ブログ更新は不定期なのでツイッターをフォローいただくか、ブログのトップページを時々チェックしていただければと思います。

倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター









このブログの人気の投稿

経産省若手資料はそんなにダメか?褒めときゃいいじゃん。

書籍の執筆でアタマが沸き立っていて、箸休めに軽いブログを書きたいので書きます。



ネットで話題の、経産省の若手有志による、

国内外の社会構造の変化を把握するとともに、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、 世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト

っていうのがあって、このリンクからパワーポイント資料が読めるんですが。

数日前にリンクを見つけてパラパラ読んだ時には、「いいなあこれ、頑張って欲しいねえ」と思ったし、ネットでも高評価な人が多かったんですが、なんかそれから日がたつうちに色んな人が

・全く新しくない
・具体的な政策への落とし込みが足りない
・データ分析が雑

などとクサしまくってるのを見てて、いやーそんなにダメかねえ??いいじゃん!と思ったのでそれについて書きたいです。

「ダメかどうか」もさることながら、「最高とは言えなくてもとりあえず褒めときゃいいじゃん」的な話でもあります。

いや、批判は批判で内容的にはゴモットモではあるんですが、あまりにそういうのが盛り上がっちゃって、この資料に対してちょっとでも高評価をするのは知的人間として恥ずかしい・・・ぐらいの空気になってきてるのがちょっとどうかと思うんですよ。

そもそも役所が懇談会的にインテリ集めてとりまとめた資料で、総花的にならずに一方向的なストーリーがあって、ある程度こういう「何言ってるかちゃんとわかる」資料ってそんなに多くないですし、だからこそ「うるさ型」の人たちがクサし始める前の段階では結構ネットで「いいじゃん!」的空気が巻き起こったりもしたわけですよね。

単純に言って、役所発のペーパーで、その「いいじゃん!」モードが小規模でも巻き起こったりした時点でそりゃ奇跡と言って良くて、そりゃ批判は結構だが、じゃあどっかに「超絶凄い官僚さんの集団」がいるわけじゃないんだから、今の日本の官僚さんたちに、官僚の役割の中でできることは頑張ってもらうしかないわけで、だからあんまりクサすばっかりなのもどうかと思うわけですよ。

で、資料の内容なんですが、たしかに「どこにもない新奇性」とか、「具体的な政策へ落とし込みきった提案」とかは弱いかもしれないが、この資料は1つの「ストーリーの提示」を目標としてるわけですよね。

いわゆる「高齢者に属する人」にも、資産や健康面でかなり余裕がある人もいるんだから、一概に「高齢者サマ扱い」で終わ…

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。