スキップしてメイン コンテンツに移動

テロが当たり前の時代の『あたらしい正義』について。

フランスのテロ事件は、今まで「その話は公的には黙殺することで現代社会を成り立たせていた」問題をすべて白日の下に晒しつつあるように思います。

ベイルートの死者は無視なのに、パリで死者が出たら全世界が大騒ぎするってどうなんだ?という話は、事件以前だってずっと「リアルに存在する大問題」でしたが、事件前にこんな話を堂々とフェイスブックで言い出したら「はいはい中二病」扱いで黙殺されていたようなことです。

それが今や、全世界的にホットな話題になり、”キャッチーでファッショナブルな範囲で”堂々と扱える内容になった。(余談ですが私は少年時代”にザ・イエローモンキー”というバンドが好きで、こういう問題を扱った彼らの有名な歌詞をネットで酷評されまくっていたのを見ていたので感慨深いものがあります)



また、「テロをする人間にはテロをする人間の正義(あるいは少なくとも”切実な事情”)がある」という話と、「テロリストをちょっとでも擁護することはそれ自体許されないことだ。たとえどんな事情があってもだ!」という立場には、どちらにもかなりの真実性が含まれているように思います。

正義が一元的なものではなくなり、いろんな正義があり、それぞれが必死にその正当性を主張している。その「主張」は、言葉によるものに収まらなくなり、デモならいいけどテロにすらなるようになっている。

こんな時代に、「正義」という言葉を私達はどう考えたらいいのでしょうか?



「正義なんてないんだ。単なる個々の利益同志のパワーゲームがあるだけなんだ!」という、勇ましいニヒリズムに入っていくことが「正解」なのでしょうか?

それとも、さらに細分化されていく「それぞれの正義」を、「もっと熱狂的に主張する小集団たち」に人類が分断されていく世界を、そのまま是認していくしかないのでしょうか?



・・・と、言う本をディスカバー21という出版社で今作ってる最中なんですが、そのメインメッセージとして、「メタ正義」みたいな発想が、今後重要になってくるんじゃないかと考えています。

「メタ」というのは、厳密に考えると難しいですが、日常的な用法の援用で言うと「一段抽象度を上げて物事を考える」・「俯瞰で見て全体像を捉える」というような時に使う言葉です。

「細分化された純粋な正義」がそれぞれに必死の主張をし、それが時に暴力にまでエスカレートしてしまう時代には、「個別の正義自体についてその是非について論争する正義論」ではなくて、「それぞれの個別に純粋な正義を、どう整合性を持って社会に取り込んでいくべきなのか」という、「それぞれの正義の扱い方」について真剣に考える必要が出てきている。

その「それぞれの個別的正義の扱い方の方法論」「メタ正義論」と呼んでも誤用ではないでしょう。

「メタ正義論」的な観点からこの現代の不幸を考えてみると、1つの希望めいたものも見えてくるように思います。

と、言うのは、このテロによって

「何はともあれ、非欧米諸国の現地現物の不幸が、欧米諸国側が提示する”揺るぎない正義の主張”への異議申し立ての手段を手に入れた」

という理解は、道義的問題とかいろんな難しさはありますが、「現実的にはそうなって」いる側面もあるからです。

このテロがなければ、「ベイルートで死んだのとパリで死んだのと価値が違うってどういうことなんだ」などという話題が人類規模で盛り上がるなんてことすらなかったわけですからね。



今後、「戦火」は止めようがないところもあるでしょう。とにかく形だけでも決着を付けなくちゃ収まらないという事情は、どれだけインテリが著書やブログで嘆いてみても世界の現実としてあるからです。

私たちは、それに無闇に反対して「自分だけ良い人ぶる」べきではない・・・と私個人は考えています。

しかし、それを認めた上で、じゃあ「良心」に何ができるのか・・・を問うならば、「ああ、人類はなぜかくも野蛮なのだろう?もっと仲良くできればいいのに!」と自分だけ聖人君子的に嘆いてみせる態度(いやいやあんただって”人類”だぜ!)よりも、もっと重要な「貢献」の道も開けるはずです。

それはつまり、「メタ正義」について考えることから始まります。

「メタ正義」論に、世界のインテリの注意を集中させていくことで、

・「非欧米諸国の現地現物からの異議申し立て」の内容は理解し、取り入れて、現代の欧米的システムの欠陥を補完する試みに昇華させていく
 だけでなく、その一方で

・「とりあえず人類みんなの(非欧米諸国も含めて)毎日の生活を支えている現状のシステムを、ネコソギに否定してかかるようなテロはやはり許されないことだという了解は崩さない」

という二点を片方だけでなくどっちもやりきる両面作戦が可能になるでしょう。



このプロセスの中で、「欧米的価値観の理想を諦めずに、欧米的価値観が絶対無誤謬のドグマ化して非欧米社会の現地現物の人間を抑圧しまくっている現実は回避しようとすること」に集中できるようになります。

というか、今や人類はこの「メタ正義」を考えないかぎり、「あらゆる1階建ての正義」そのものにニヒリスティックになっていく可能性があります。

「欧米的価値観がさらに無誤謬の前提で押し出しすぎると、世界の逆側に”欧米的価値観を丸ごと捨てようとする人々”」が生まれてしまうことになる。

大事なのは、このテロによって開かれた「逆側からのフィードバック回路」の情報を受け取りながら「理想」の実現を目指すことです。

私が子供の頃、私の母親は機械オンチが極まって、ビデオテープをデッキに逆向きに入れてぶっ壊したことがあります。

いやいや、入れ始めたらガツッってぶつかって、入らんってわかるやろ!・・・と子供ごころに思いましたし、父親は呆れてモノも言えないという様子でした。

逆向きにテープを入れようとすれば、あちこちにぶつかってる「フィードバック情報」が帰ってきます。それにちゃんと感性が開かれていれば、「あ、逆やったわ」となって向きを変えてスムーズに入れられます。

現代の欧米社会の理想は、この「無理矢理逆向きにテープを突っ込んだウチの母親」のように、「現地現物からのフィードバック回路」が遮断されたまま独善的な理想だけを押し付けている部分があるのではないでしょうか。



そういう風に考え始めた時に、我々「理想を奉じる側」の人間がどうしても考えるべき点があります。

数日前に、この問題について軽い問題提起のブログをあげました。

ネットに文章上げるのが久々だったこともあって、短くまとめすぎて論旨が混乱してしまった感じもなくはないですが、その中に引用した、現在製作中の本からの挿絵↓には結構な反響がありました。

f:id:toyonaga-san:20151116210410p:plain



詳しくは前回の記事を読んで欲しいわけですが、「アラブの春」によって、(英語でよく「Big bad XX」といいますが)そういう「巨悪」っぽい権力者みたいなカンジのヤツが倒される姿に歓声を送っていた世界中の人は(私も勿論含みます)、そうやって地場の責任者の権威をすべてメタクソに叩き潰した結果現地でちゃんと「まとまった行動」のできる集団が宗教過激派ぐらいしかいなくなって、現在の混乱に繋がったことについて「責任」を感じたりしているでしょうか?

私も含めて欧米的に教育をされた知識人というのは、物事を捉える時に「演繹的」すぎて、つまり個々のそこに生きている人のリアリティよりも、その事物の「テーマ性」から判断しすぎるきらいがあるわけです。

結果として、「デモがあって”権力者っぽいヤツ”が引きずり降ろされてればそれは絶対善」みたいなレベルの気分で、かつ「その場(この場合は中東)」のことなんて10分後には全然忘れてるような世界中の人間が火に油を注ぐ結果として、ちゃんとまとまった責任を「その場」に命がけで感じてる人間を果てしなく引きずり下ろしたあげく、「どんなことも結局他人事な人ばっかり」で世界中を埋め尽くしてしまう傾向が、「欧米的知性の癖」として存在します。

で、ここで注意したいことは、本来多くの非欧米諸国の人間の大多数は、「欧米的価値観」を拒否したいと思っているわけではありません。イスラム国の台頭には、現地の普通の住民の多くは「迷惑」してることが多いでしょう。

ただ、この「欧米的知性の癖が持っている欠陥」に無批判すぎる運用が社会に蔓延すると、「その現実的問題をバランスさせるために」、かなり先鋭化したアンチ欧米的理想ムーブメントが巻き起こり、彼らは本来必要なレベル以上に「やりすぎる」ことになってしまいます。

これは、中東やアフリカの正常不安定な国だけの問題ではありません。

東アジアでも、そして欧米そのものの中でも、ボディブローのように効いて来ている問題なのです。



日本における例を出します。

私の普段の仕事は経営コンサルタントなんですが、クライアントに地方の伝統的な優良企業の跡継ぎ経営者がいます。

彼と仕事をしていると、「奇策を次々と打つことではなくて、その”場”に関わるいろんな人やモノにちゃんと目配りを続けて、”良い状態”を保ち続けること」という王道的な経営のあり方について考えさせられます。

それを私は「神主型経営」と呼んでいるんですが、前代から受け継いだ神社の森を毎日メンテナンスして次の世代に繋ぐような、そういう「責任」をちゃんと取る人生を、本人も早い時期から覚悟し、周囲もそれを盛り立てようとすることによって維持される「場の良識」というものがやはりあるわけです。

そういう「場の良識」が生きていれば、例えば報酬の分配においても「縁の下の力持ち」的な存在までちゃんと行き渡らせることができるし、消費者の要求に媚びすぎてムチャをして後から問題になるようなことはしないようにしようという倫理観も維持できる。

さらに言えば、直感に反するようですが、そういう「神主さんの安定」があれば、「時代の流行り」的なものを取り入れる力もむしろ高まるのです。これは、免疫力が安定してないとちょっとした異物にハクション!と過剰反応してしまうメカニズムを考えるとわかりやすいと思います。



勿論、次々と生起して世界中を「まだやってないの?遅れてるゥ!」と席巻する「欧米的理想」の要求水準からすると、どんな「神主」だって完璧ではないですから、やろうと思えば簡単に引きずり下ろしてしまうこともできます。

でもその「欧米的理想の最先端」的なナイフであらゆる神主的存在を刺し殺そうとしている人たちは、1年後も「その森」のことを覚えているでしょうか?

おそらく、1年後には1年後の流行りのテーマに乗っかって、また別の「森」の神主を「倒すべき悪」と認識して引きずり下ろしてやろうと頑張っているでしょう。

今回のテロによって「開かれたフィードバック回路」から流れてくる情報について、我々は「その視点」から、20世紀的なドグマティックな正義の展開を考えなおさねばならない時期に来ているわけです。

そして、現地現物のリアルな人間は「欧米的理想」を全拒否にしたいわけではなく、その「運用」において「現実とのフィードバック回路が途絶した無責任さが横行する現象」への「切実な対応」としてのアンチ欧米ムーブメントがあり、それが極限まで高じるとテロになっているのだという理解が必要です。



最後にさらに余談ですが・・・ここまでの文章に「そうだ!」と思ったあなたはここ以降書いてあることで「印象」を変えないでいて欲しいと思いつつ書くわけですが。

私は以上述べたような世界観によって、「欧米的理屈の外側にあるリアリティ」からのフィードバック情報を、「欧米的理想の中に繰り込む」仕組みを考えない限り、「欧米的理想そのものが廃棄される時代」が来てしまう危機感を持って活動してきました。

現時点での成果物としては、「日本がアメリカに勝つ方法」とか「アメリカの時代の終焉に生まれ変わる日本」などを参照してください。

その立場から言うのですが、私は、極論すると「アベ政権の独善性」よりも「シールズの独善性」の方が嫌いです。嫌いといって悪ければ、やはり現代社会における喫緊の課題として「克服されるべき問題」を抱えていると感じています。

確かに安倍政権の支持者の中には「人権とかいう発想が日本をダメにした」とか堂々と公言する人間がいて、ほんとちょっとどうかと思います。私もね。

しかし、そこで彼らを「人間のクズ」扱いしてあなたの世界から全拒否にしてしまう前に、「彼らがなぜそんなことを言うのか」についての想像力こそが、「メタ正義」の時代には重要になってくるはずです。

そうすると、私には、普段私の仕事で出会う「神主さん」たちが日本の現場でちゃんと根を張っている責任を、「欧米的価値観」がちゃんとバックアップできていないことの現れだと見えてきます。

そういう意味において私には、「欧米的価値観がその”神主さんたち”をバックアップできない状況下では、アベ政権は決して否定されるべきではない」という信念がある。そのプロセスにおいてあまりポリティカリー・コレクトでない要素が含まれていても、それは「ポリティカリー・コレクトさという概念が隠し持っている欧米中心的な抑圧の反映」にすぎないと感じるからです。

勿論、安倍政権がやりすぎないためのバランス要素としてシールズが必要だったという事情はわかります。しかし、 彼らのやり過ぎを是正するためには、彼らを「非人間的な巨悪扱い」するのではなくて、「彼らがどうしても守りたいと考えているもの」を、「欧米的理想の延長」の中に入れ込める算段を考えることに集中するべきなのです。

ずっと私はこの話を言い続けているわけですが、ぜひ「対岸のあなた」にもこの話について耳を傾けていただけたらと思っています。安倍政権の支持率はやはり回復傾向らしいですし、「ワンイシューで相手を巨悪扱いする」論法を超えることなしに、「次の政権交代」は難しい事情があるでしょうしね。

それが可能な時代が、このテロによって幕開けとなったならば、突然の悲劇による行き場のない悲しみにも、「意義」が生まれて希望に変わることでしょう。

へっ、この人類サマは、転んでもタダでは起きないぜ!という結果になることを願っています。

倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター
 ↑ブログの更新情報(スイマセンが不定期です)をお受け取りになるには、ツイッターをフォローいただくのが便利です。

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。