スキップしてメイン コンテンツに移動

日本は言いたい事全部言った方が韓国と仲良くなれる!

この記事は、テロが当たり前になった時代に、それでも理想を諦めないとしたらどういう「正義」を考えるべきか・・・という連続記事の一環です。(この記事単体でも読めます)

 

今回は、「正義についての古い考え方」が解決の根本的障害となっている日韓問題について、この連載の考え方を敷衍してみます。

 

タイトル見て「そもそもヤツらと仲良くなりたくないわ!」と思ったネット右翼さん、あなたのその気持ちも全部面と向かってもっとぶつけていくようにしたほうがむしろ良くなるはずだという話です(現状すでにそうしているともいえますが、そのことによって日韓関係は混迷を極めているようで実は本当の相互理解へ向けて動いていってるんだという話だと捉えても良いかもしれません)。

 

韓国人がよく、「日本人はココロの底の本音を隠して上辺だけニコニコしてるから信用できない」と言うたぐいの話をします。いやいやあんたらはむしろ全部出しすぎやろ!と私たちは思うわけですが、そういうレベルのすれ違いというのも、案外馬鹿にはできないところもあるように思います。

 

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の有名なセリフに、主人公のジョナサンの大事なオモチャを愛犬ダニーがくわえて離さなくなっちゃった時に、彼の父ジョージ一世が、「それは無理やり引き離そうとするからだ」ということで、以下のように教えるシーンがあります。

逆に考えるんだ。「あげちゃってもいいさ」と考えるんだ。

 

 この問題に関して言うと、こうです。

ジョジョ、逆に考えるんだ、嫌われちゃってもいいさ・・・と考えるんだ

 

これは、やけくその、もうあいつらなんか知らないもんね!けっ!というような話ではありません。

 

むしろ、テロが常態となっていく世界のあたらしい不安定さの中に、「今の時代に必要な本当の相互理解ってなんだ?」という真摯な問いの結果として出てくるソリューションなのです。

 

今回はそういう話をします。

 

 ・ 

 

前回のブログでは、「テロリストとも話せばわかる」は本当に実現できるのか?ということを考えてみて、

 

酒を酌み交わせば理解しあえるぜ!というのは、自分以外の誰の人生についても、たった一時間酒飲みながら話せる程度の事情以外は俺は勘案しないよと言ってるようなもの

 

という話をしました。それでも「相互理解」を諦めないならば、

 

世界の見方全体を変えようとする必要が出てくる

 

それはどういうことか?というと、

 

1) 酒飲んで一時間で話せる話以上の、一番深刻な話を解決することから逃げない

2) 相手に寄り添って行く結果として今度は自分側の事情を無視して巨悪扱いするようなことは避け、相手に寄り添うのと同じだけ自分にも寄り添うようにしなくてはいけない

 

という話までしました。

 

これ、2)の方が凄い大事なんですよね。

 

それなりに面白い記事だったと思うので、ぜひ前回のブログもお読みいただきたいわけですが、「酒飲んで一時間で共有できる話」以上のコミットをするとなると、「相手側の事情」にだけどんどん入り込んでいって、今度は「自分がもともと属していた側の事情」を全部否定し、敵視し、巨悪扱いし・・・ってなっちゃうことが多くて、そうすると結局「相互理解」には全然なってないということになりがちです。客観的に見ると「片側だけの事情を言う人」がもうひとり増えただけみたいな感じですからね。

 

そうするとどうなるかというと、再度私が今作ってる本の挿絵を引用するわけですが、

f:id:toyonaga-san:20151121172855p:plain

日韓関係は常にこういう感じになっちゃうんですよ↑

 

「酒飲んでわかりあえるレベル」「サッカーや芸能人の話題やモノづくりの仕事」といった即物的なところでは、放っておいても交流は促進されていくわけですが、その流れの中で「一番深刻な話」から逃げていると、今の時代の普通なモードとして「日本側の奥底にある事情」が常に我慢し続けることになって、どっかで暴発する。

 

暴発すると、せっかくそれまでの時間の間に積み重なってきた「友好モード」「交流促進モード」が、元の木阿弥になるどころか、むしろ中途半端に友好モードだった分憎悪が余計に積み上がってしまったりもする。

逆に考えるんだ、ジョジョ、嫌われちゃってもいいさ、と考えるんだ

で言うならば、どうせ最後の3割で暴発することになるのなら、最初からそれは堂々と日本側として言うべきだということです。

 

こういうのは、ある意味で人間関係の基本かもしれません。気を使って嫌われないように言いたいことも言わないで我慢し続けて最後にブチ切れたりするのは、個人レベルでも人間関係を作っていく上では最悪の方式ですよね。

 

むしろ、本当に嫌なことはちゃんと言う。嫌われちゃってもいいさという覚悟を持って言う・・・ところから、雨降って地固まる。「なるほど、そういうヤツだったんだなお前は」からの相互理解も始まるというわけです。

 

こういうのって、感情のネジレが限界を超えてからブチマケるように言うより、最初から堂々と言うべきことを言うようにした方が、冷静に言いたいことを言えるし、言い方に配慮もできるし、勢い余って全然関係ない悪口を叩きつけてお互い後悔したり・・・ってこともなくなったりしますよね。

 

だからこそ、タイトルに書いた「日本は言いたいこと全部言った方が韓国と仲良くなれる!」を、我々は(特にネトウヨさんとは逆側にいる人間こそが)考えるべき情勢にあるわけです。

 

 

で、ここで大事な話なんですが(ネットで読んでもらえるブログサイズ的にはここまで分ぐらいで一回にした方がいいのかもですが次回予告的な意味も込めて)

 

この「日本側が最終的に暴発しちゃう3割」っていうのは、本来「絶対悪」であるはずの日本人が過去の罪業を無視して開き直り、うっせーウゼェんだよ!という傲慢さで可哀想な可哀想な韓国の人たちを足蹴にするようなことだと、あなたは思ってしまっているんじゃないか?ってことなんですけど。

 

もちろん私は寛容と国際的普遍性を愛するインテリ人間ですから、日本の統治がバラ色の王道政治だったとか、高貴で遵法心溢れる旧日本軍は占領地で一切悪いことをしなかったとか言うつもりはありません。(”被害報告”が過大になりがちという問題はあるにしても、それはどっちもどっちな問題でしょう)

 

しかし、この「日本側が土俵際でどうしても否定されたくない3割」にこそ、テロが常態の時代の危機にあたらしい希望をひらく種が眠っていたりするんですよ!

 

大事なことなので数回言います。

 

この「日本側が土俵際でどうしても否定されたくない3割」にこそ、テロが常態の時代の危機にあたらしい希望をひらく種が眠っていたりするんですよ!

 

この「日本側が土俵際でどうしても否定されたくない3割」にこそ、テロが常態の時代の危機にあたらしい希望をひらく種が眠っていたりするんですよ!

 

この「日本側が土俵際でどうしても否定されたくない3割」にこそ、テロが常態の時代の危機にあたらしい希望をひらく種が眠っていたりするんですよ!

 

それどころか、本来はこの「痛み」は韓国人だって普段感じている痛みだし、現代の人類が常にそれぞれは感じているんだけど形にできない「痛み」そのものなのです。

 

その「個別の怨念」を『普遍的な視座』から位置づけ直すことが、「日本側がどうしてもいいたいこと」を、ヘイトスピーチや歴史修正主義でない形で「これをわかってほしいんだ」と提示する方法に繋がってくるのです。

 

その話についてはまた次回ということにしましょう。

 

次回掲載までは、以下の少し長いブログ記事をお読みいただければ、直接この話題を扱っているわけではないですが、私がどういうメッセージを発しているか鋭い方ならご理解いただけると思いますのでぜひどうぞ。

テロが当たり前の時代の『あたらしい正義』について。 - 倉本圭造(経営コンサルタント&経済思想家)のブログ

 

倉本圭造

経済思想家・経営コンサルタント
・公式ウェブサイト
・ツイッター

↑ブログの更新情報(スイマセンが不定期です)をお受け取りになるには、ツイッターをフォローいただくのが便利です。

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。