スキップしてメイン コンテンツに移動

本を売っていくにあたっても、結局「薩長同盟的困難」ってのがあるものですなあ。

ちょっと空いてしまいましたね。

なんか、ほんと、情けないことに、結構色々と精神が不安定・・・というと大げさですけど、フラフラしてました。

なんとか「まとまった新しい方向性」を本として形にしよう・・・・それをやらなくっちゃ・・・・ってそればっかり思ってずっとやってきたんで。

それは「モノ」レベルではそれなりに実現してると思ってるんですが。で、その「モノ」自体を、読みやすく面白い形に・・・っていうチャレンジも、まあ出来る限りではやったと思うので。

でもそれを、「広い範囲のみなさんに届ける」ってことを、あまり真剣には考えてこなかった部分もあったのかな・・・と思った。

「世の中全体の本質的ニーズ」さえ捉えていれば、いずれちゃんと届いてくれるさ!!!

ってだけ思ってやってた部分があった。というか、

そう思ってやらないと自分にはできないチャレンジだったから、もうそう考えるしかなかった

って感じなんで、その事自体はもうご容赦いただきたいと思ってるんだけど。

なにはともあれ、これから頑張らなくちゃなあ、と思っています。


ここ数日、たまたまマッキンゼーの卒業生MLで、「日本の大企業はどうしたら変われるのか」っていう議論をしている先輩方(かなりシニアな方々)がいたんで。

僕の本のテーマでもあるんで、横槍?(気にする必要ないのかもしれないけどニッポンジン的にはかなり遠慮しながら突っ込んでいった 笑)的な感じでどんどん噛んで行ってたんですけど。

最初はあんまりご理解いただけなかったけど、最終的には「買うよ」って言ってくれた・・・・で、それが凄い嬉しかった。

話していて思ったのは、彼らのように「グローバリスト側」で活躍されている方にとっては、僕が言ってることなんて、「そりゃそうかもしれんけど、でもちゃんと成果出さなきゃだろ?」って思われて、入り口でシャットアウトされちゃう部分があるのかなと思った。

なんか、いわゆる「既存左翼」風の、「みんな一緒」的にナアナアにするような議論をふっかけてくるヤツみたいな扱いになっちゃうっていうか。最初は。

でも、違うんだよね。まずここで大きな誤解を乗り越えなくちゃいけないんだよな。

むしろ、グローバリズム的な仕切りで、次々と「サクサクと考えて決断するべき部分」が、日本社会の中にはもっと沢山確保されるべきなんですよ。

と僕は凄くそう思ってるんですよ。

でも、日本でそれをやると(まあ日本に限らないんだけど)、その周りに凄く「怨念」が渦巻いてくるじゃないですか。

で、その「怨念」自体は、その「切り捨てた部分の違和感」が、「形」になって出てきているものなはずなんですよね。

そこで、

「怨念」の「適切な発揮方法を考える」っていうことは、「サクサクと決断するべき部分を鈍らせる」ことじゃない

んですよね。そうじゃなくて、

「怨念の適切な発揮場所」が社会の中に分厚く存在すれば、「サクサクと決断するべき部分に対するノイズ」が減るはずだ

ってことなんですよ。

だから、

「サクサク決断するべき部分をアメリカレベルにクリアーに実行できるようにする」ためには、「怨念の適切な扱いが大事だ」

ってことなんですよね。

で、「集団」レベルで見ると、勝ち組vs負け組的なはなしになっちゃうんだけど、そこを「個人」レベルで見ると可能性も生まれるはずなんですよね。

「サクサクと次々やっていく決断には乗りづらい人」を、ちゃんと個人として敬意を払って時間をかけてエンパワーしていけば、「最終的には、サクサクと決断している人にとっても意味が理解できる結晶」にまで持ってこれるんですよ。

そういう「今の普通に乗りづらい個人」の、「奥底のもの」を、「時間をかけてエンパワーしていく流れ」・・・・・が、ちゃんと動きはじめれば、「サクサクと決断するべき部分」に対するノイズが減るんで、最終的にはアメリカレベルの決然性も手に入るし、あと「ジックリねっとり時間をかけて結晶化したようなもの」が、「アイデアの結晶体」として再度経済に載ってくるようになるんですよね。

・・・と、こういう感じで毎回説明させていただくと、人によっては「わかった。トンネルを両側から掘るようなものなんだな」とご理解いただいたり、あるいは「意見は違うがとりあえず本読むわ」って言ってくれたりした・・・・のは結構勇気づけられた。

これは、「対長州藩(個人主義者のグローバリスト)」側の説得に関する問題ね。

まあ、ほんとそれをどうやって乗り超えていくのか・・・・に答えが出たわけでもないけど、時間かけてずっと話していくしかないかな・・・・って感じですね。


で、一方でね。

こういう話をすると、また今度は、「グローバリズム的にイケてる世界で活躍できてる人だけの話」・・・・みたいに見えてきちゃうじゃないですか。

でもそうじゃないんですよね。

「今成功しやすいタイプの人」vs「そうじゃない人」が、「対立」のままで終わったらほんとどうしようもないじゃないですか。

だから、「適切な力の噛みあわせ方」が必要になってくるんですよ。

で、そのためには、やっぱりいわゆる「既存の左翼風」な感じで、経済のダイナミズムを縛っていく方向ではいけないと思うんですよね。

・・・て、またこういう話をしはじめると、多分この本を「一番読んで欲しい人」に届きづらくなるのはわかってるんですよ。

わかってるんだけど、でもそれを書かないとこの本の意味がないんですよね。「薩長同盟」にならないから。

で、グローバリズムとか資本主義的な経済を、うまく使えば、今眠っている「個人の奥底のもの」を、経済に載せられるようになって、今はあまり活躍できてない人にも活躍の場が生まれていく流れに持っていけるはずなんですよね。

そういう「全体の持って行き方」について書いてるんですよ、僕の本は。

だから、最終的には広い範囲の人に、「希望」になってもらえるはずなんだけど、その過程において、「耳障りの良くないこと」も含まれてる文章になってるんですよね。

だから、普通に、「みんな違って、みんないい」的なお話を期待されている方からすると、凄いウザいことを言ってるヤツみたいに見えてしまう可能性がある。

でも、本当は、その「みんな違って、みんないい」を本当に実現するにはどうしたらいいか?っていうのを死ぬほど真剣に考えた本なんですよ。

でもあんまりそう見えない部分もあるしね。

また、そこに超えなくちゃいけない壁があるんですよね。


だからほんと、これ、本当に伝わるのかな?っていうのは、凄いビクビクしてる。

時間かかってもいいけど、でも全然伝わらなかったら僕ほんと泣くしかないっすよ。

だからね、「お、面白いな」と思ったら、できるだけ言挙げしたってください。ほんとお願いします。

電子献本っていうのの準備ができたらしいんで、普段本を読んでいる人とか、ブログを読んでいる人とかで、「この人ならわかってくれるんじゃないか」っていう人にはちょくちょく連絡を取っていってるんですけど。

(なんか、あとから聞いたら出版社経由でお渡しするのが通例らしいんですけど、ツイッターでガンガン@ツイート飛ばしちゃったりして、恥ずかしい思いをしました。すいません。そういうもんかと思ってたんで。正式なルートでいずれ渡るようにします)

もしお読みになって、この本の「狙い」の難しさと、でもそれがどうしても今「乗り越えなくちゃいけない大事なポイントなんだ」ということをご理解いただいたら、何かしらのご協力をお願いいたします。


まあでも、ほんと最後は、「気持ち」でなんとかわかってほしいみたいな(笑)で行くしかないのかなと思っているところですね。

なんかね、もっと「わかりやすく」っていうのは、もう凄い頑張ってわかりやすく書いたつもりなんですよ。

でもテーマは、どうしても難しいものなんでね。普通の「薩長がバラバラ」な世界観で、その「片側だけの内側」だけで話す論理じゃあないので、やっぱ複雑な、ちょっと「あれ?」ってなるものにはなっちゃうんですよ。

「長州藩側」から見ると、「ナアナアに決断力を鈍らせる迂遠な話」に見えるし。

「薩摩藩側」から見ると、「集団の和を乱す、拝金主義者の言説」に見えるし。

そこの壁を超えて、「理解してくれる人の輪」が広がっていく・・・・っていうときには、なんかやっぱり、「気持ち」でね、伝わって欲しいなと思っています。

ほんと、「そこをなんとかしなくっちゃ!!!」って凄い思ってここまで来たんで。

で、「そこをなんとかする」ってこと自体の、「マクロに見た時にニーズ」ってのは凄いあると思うんですよ。マジで「そこがなんとかなる」ようにならないと、ほんと何も解決しないってぐらいに大事な問題だと思うんで。

でも、そこに「今生きている個人」のみなさんとどうやってつながっていくのか???

って考えると、ちょっとブルッと身震いするぐらい、「どないしてったらええんやろうか?」って思ってしまう。途方にくれるっていうか。

全国の書店に並べてもらえるところまでは来たんだから、そこから先は「信じる」しかないってのはわかってはいるんですけど。

信じさせてもらってもいいのかな?どうかな?

と思いながら、まあ、できることからやっていこうと思っているところです。


このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。