スキップしてメイン コンテンツに移動

アゴラ投稿第3回と、出版次回作の話・・・といった近況報告。

ちょっと更新頻度があいてしまいましたけど、後で書く新しい仕事に熱中してたからなんで、僕は元気にやっています。



ともあれ、まず連絡事項的なことですが、アゴラに、第三回の記事も登録されました。

これまでは、メールで投稿して、審査を受けて掲載・・・って形だったんですけど、「本登録」されたんで、第四回からは自分でアクセスして自由に投稿できるようになりました。

ブロゴス(アゴラのライバル的なサイト)へ転載されたページのコメント欄はまた荒れてますけど、まあ仕方がないですね。

反射的に批判コメントを寄せておられる方も、内容を読むと「それって結構俺も言いたいことだぜ」って感じのこともあるしね。ジックリ話す機会がもしあったら、別に全然わかりあえないタイプの人じゃないなと思う。

むしろ、全然個人攻撃された気持ちにはなってなくて、「そうか、そんなら言い方考えなあかんなー」って勉強になったな・・・って感じではいるんですけど。

でも、今は僕とその人の「出会い方」が、アゴラや橋下氏についてどう思うのか・・・という線で「どちら側にいるのか」という基準でのみ振り分けられてしまう形になってるんで、ここで僕が「真意を説明」しても無理があるなという感じで。

一人「ちゃんと読んで本も買いました」と言ってくださった人以降はコメント欄の雰囲気が変わってきたみたいなんですけど、なんかそういう「流れ」的なものもあるんだなと思いましたし。

とりあえず、誤解を多少は生みつつも、僕のやっていることを理解してくださる方が一人でも増えれば・・・と思って、アゴラ及びブロゴスへの投稿は、今後も続けていきたいと思っています。(橋下氏関係の話題からは離れたほうがいいのかもしれないが)

ただ、「知性派」という言い方自体が、「俺たちは知性派じゃないってことか?」っていうような反発を生むという指摘はなるほどと思った。

確かに、知性というのは、あらゆる側面があるもんね。というか、そのこと自体がまさに僕のメインテーマ的に言いたいことだよってぐらいなんですけど。

「”理屈”を代表する側」とか言うのがいいのかな。「知性」は「理屈」とは関係なく存在するものだしね。

社会の中の「認証された客観知」というようなものにどの程度信頼を置くタイプの人か・・・っていうような、そういう基準を、一緒くたに「知性派」というと、「あんなのだけが知性じゃねえ」っていう反発は当然あるよな・・・と思った。

ブロゴスにおいてアゴラおよび池田信夫氏が評判悪い理由はそのへんにあるんだと思うんですけど。

でも例えば経済学者の池尾和人氏が、マネーは不足しているのか?という文章をアゴラに書かれていて、こういうのはかなりなるほどと思ったんですよね。

文末にリンクされてた「戦前期の日銀国債引き受けの実態」についての文章も良かった。

って、興味ない人にはどうでもいい話題かもしれないけれども、今、「デフレなんだったら、日銀にカネ刷らせまくれば全部解決じゃん!!!」って言う人が結構いるんですよ。

で、そういう意見って、「すべての責任を誰かの”戦犯”におっかぶせられる」から、油断すると凄い広まるんですよね。ユダヤ人が全部悪いってことにしたヒトラーみたいなもんで。

日銀にカネ刷らせまくれば日本経済の不調なんかすぐ解決するのに、それが出来てないのは日銀がカスだからだ・・・・経済の不調はすべて日銀が悪いんだ・・・っていう風にすると、結構聞き手によっては爽快なストーリーになるじゃないですか。

でも、そんなわけないしね。でも、広い範囲にそういう話広まりすぎたら、民主主義国家じゃ実際にやらなくちゃいけない流れになったりもするわけで、でも実際にやっちゃったりすると(程度問題ではありますけど、一番過激なプランで言うなら)かなり破滅的な状況になる可能性だってあるわけなんで。

だから、「知性派」と呼ぶべきかどうかはともかくとして、「客観的に認証された知識体系を代表する人」みたいなのが、「ある程度の抑圧力」を発揮しておくことは、結構大事なことなんですよ。

確かにそういう人は「感じ悪い」けどね。でも、必要で。

「単純化しすぎたお話」に「みんな」を飛びつかせるのを抑制する力・・・みたいなのはね。

で、そういう人に対して、「現場を知らないヤツは何も言うな」っていうのは良くないわけでね。お互いの機能がちゃんと果たせるような「連携」を実現していかなきゃいけないわけで。

でも、そういう「抑圧力」が、「現場のダイナミズム」を損なうのは良くないよね・・・っていうのはあるよね。

だからこそ、一個前の記事みたいに、多少迂遠な形だけど、「両側にプレッシャーを与える」ようにしていかないといけないんですよね。

「理屈側」にいる人が、「仕切る力」を社会全体に及ぼせるようになっていく流れが過去20年だったとすると、これからは「理屈の運用」にどこまでも精緻に習熟していって、「現地現物のリアリティ」を「理屈が引き上げる」ことができるようにならなくちゃいけない。

そういうのは、「単純化したウソのストーリーにみんなを動員する」よりも複雑なものになりがちだし、「うるさガタ」の役割をする人たちは、やっぱ「嫌なやつ」って感じになるんですけどね。

でも、その「難しさ・面倒くささ」から逃げずに、限界までヒートアップしてった先で、どうしようもなくなったエネルギーが一気に噴出して、「21世紀の薩長同盟」を同時多発的に起こしていくしか日本が「新しい成長軌道」に乗るってことはないんですよね。



・・・と、そういうのが、「アゴラvsブロゴス」的な話題に関する僕の基本的な主張ではあるんですけど、でも、そういう「理論派」の人たちって、既に今の社会システムにガチガチに擁護されてるんだから、俺がわざわざ反発を食らってまで擁護する必要なくない?という気持ちにもなってきたんだよな。

そういう「擁護された特権」を乱用して、本来あるべき機能以上に自己権威化して偉そばってる人に対する反感・・・みたいなのは、ブロゴスのコメント欄に言われるまでもなく僕自身の怒りとしてあるわけだし。

むしろ、「社会システム的な擁護」が全然来ない位置に入っていって、「両者を結びつけよう」としてる俺を、誰か擁護してくれよ!!!と思わないでもない(笑)

ちょっと「万人に対して”フェア”な言説を常にやっていたい」と思いすぎてるのかな?とか思ったりして。

だから、今後アゴラに投稿するにしても、もうちょっとテーマを考えたほうがいいなとは思っています。



で、そういう心境の変化と呼応するように、最近、次回作の出版のオファーを頂いてですね、その編集者さんが今まで作った本を大量に送ってもらって、それを読んでるんですよ。(僕はやっぱ仕事で関わる人が過去にやった仕事ってできるだけ沢山触れておきたいタイプなんですよね)。

面白いのは、「薩長同盟本」を読んで連絡をくださった方なんですけど、今度は、普段はかなり「アンチグローバリズム的な立場」の本を作っておられる方なんですよ。

といっても、あんまり右翼的な感じではなくて、

「ミヒャエル・エンデ風の理想主義を等身大に実行しようとするオシャレなオルタナティブライフスタイル&ワークスタイル提案」
「日常を軽やかに生きるために仏教的な考え方・行動規範を取り入れてみよう的な本」

みたいな、そういう系統の本をずっと作っておられる方で。

星海社の柿内氏も、「あの人と組むのは超オススメですよ!」って太鼓判を押してくれたんですが、レーベルのボス的ポジションの人だから話がはやいし、まだメールでやりとりしてるだけだけど、アドバイスとか方向性の示唆が凄い的確な方なんで、凄く楽しみにしてるんですけど。

何が良いって、その「彼が過去に作った本たち」のどれひとつとっても、自分が個人で本屋さんに行って買ったりはしないタイプの本だな・・・・って思うからなんですよね。

だから、大量に送ってもらったのを一個ずつ読んでると凄い刺激になる。

「薩長同盟本」は、これから自分がやっていく活動の基準点として揺るぎないものにしなくちゃ・・・・ってのがあって、「読者一人ひとりの人生をどう変えるか」よりも、「トータルな社会・経済の見方」の方に振りすぎてるところがあったなと思っていて。(内容的にはちゃんと個人向けの話も過剰なほど入ってるんだけど、パッケージングのやり方として)

オファーを頂いた編集者の方は、「思想的な広がり」みたいなのを持った本を作ってはいつつ、できるだけオシャレで「等身大のライフスタイル」的なところに落としこむのがうまい方だなあという印象なので。

だから、そういう「読者個人の人生をどう変えるか」っていう観点にフォーカスしたものにしていきたい。

そういう「新しい出会い」からの仕事に、数日前から熱中してるって感じです。

あとはいつもどおり、内輪では会員さんとコミュニケーション取りながらね。

出版の次回作にかなり気持ちがのめり込んでるんで、ちょっと更新頻度が落ちるかもしれませんが、アゴラ&ブロゴス等経由で来られた新しい読者の方は、ブログの過去記事や、「薩長同盟本」(まずは出版者のサイトで試し読みからどうぞ)等を、ぜひご覧になっていただければと思っています。

このブログの人気の投稿

経産省若手資料はそんなにダメか?褒めときゃいいじゃん。

書籍の執筆でアタマが沸き立っていて、箸休めに軽いブログを書きたいので書きます。



ネットで話題の、経産省の若手有志による、

国内外の社会構造の変化を把握するとともに、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、 世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト

っていうのがあって、このリンクからパワーポイント資料が読めるんですが。

数日前にリンクを見つけてパラパラ読んだ時には、「いいなあこれ、頑張って欲しいねえ」と思ったし、ネットでも高評価な人が多かったんですが、なんかそれから日がたつうちに色んな人が

・全く新しくない
・具体的な政策への落とし込みが足りない
・データ分析が雑

などとクサしまくってるのを見てて、いやーそんなにダメかねえ??いいじゃん!と思ったのでそれについて書きたいです。

「ダメかどうか」もさることながら、「最高とは言えなくてもとりあえず褒めときゃいいじゃん」的な話でもあります。

いや、批判は批判で内容的にはゴモットモではあるんですが、あまりにそういうのが盛り上がっちゃって、この資料に対してちょっとでも高評価をするのは知的人間として恥ずかしい・・・ぐらいの空気になってきてるのがちょっとどうかと思うんですよ。

そもそも役所が懇談会的にインテリ集めてとりまとめた資料で、総花的にならずに一方向的なストーリーがあって、ある程度こういう「何言ってるかちゃんとわかる」資料ってそんなに多くないですし、だからこそ「うるさ型」の人たちがクサし始める前の段階では結構ネットで「いいじゃん!」的空気が巻き起こったりもしたわけですよね。

単純に言って、役所発のペーパーで、その「いいじゃん!」モードが小規模でも巻き起こったりした時点でそりゃ奇跡と言って良くて、そりゃ批判は結構だが、じゃあどっかに「超絶凄い官僚さんの集団」がいるわけじゃないんだから、今の日本の官僚さんたちに、官僚の役割の中でできることは頑張ってもらうしかないわけで、だからあんまりクサすばっかりなのもどうかと思うわけですよ。

で、資料の内容なんですが、たしかに「どこにもない新奇性」とか、「具体的な政策へ落とし込みきった提案」とかは弱いかもしれないが、この資料は1つの「ストーリーの提示」を目標としてるわけですよね。

いわゆる「高齢者に属する人」にも、資産や健康面でかなり余裕がある人もいるんだから、一概に「高齢者サマ扱い」で終わ…

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。