スキップしてメイン コンテンツに移動

実写版宇宙戦艦ヤマトが、なぜチャチに感じてしまうのか?から考える「科学と日本」。

昨日、テレビで「SPACE BATTLESHIP ヤマト(木村拓哉氏主演の宇宙戦艦ヤマトの実写版)」をやってて、たまたま途中からチラ見してたんですけどね。

ガミラス星人の侵攻を受けて、放射能に汚染された地球を救うために、イスカンダルまではるばる放射能除去装置を取りに行く・・・っていう設定じゃないですか。原作は。

多少違う部分もあるみたいだけど(最後のほうしか見てないからよくわからない)、映画版もだいたいそういう設定だったっぽいんですけどね。

ついに目的地について、で、放射能除去能力を、実際に見せてくれ、俺達は確証が欲しいんだ・・・て言って、イスカンダルの人に、「じゃあやってみせます」みたいな感じでやってみてもらうシーンを見たんですけど。

みんな宇宙服(防護服?)みたいなのを着ていて、その空間(ガミラス星の地下)には放射能が満ちていたんだけど、それを「はい、今除去しましたよ。あなたがた地球人に最適化しました」って言われて。

で、半信半疑のクルーたちをさしおいて、勇気のあるキムタク氏はおもむろに宇宙服のヘルメットを取って、まわりの匂いをかぐように数回呼吸して・・・・

「大丈夫だ!!放射能は除去されてる!!」

みたいな感じだった(笑)

・・・って毒ガスかよっ!!



もうどこから突っ込んでいいのかわからないぐらいの感じなんで、それがどうおかしいのかについて「科学的に説明」するのは辞めておきますけど、こういうセンシティブな時代に、ああいう描写ってちょっと良くないんじゃないか・・・と思いました。

こういうのを笑って流せないような、例えば「放射能」と「放射性物質」との違いとかにこだわるレベルの厳密な感性の人だったら、もうお金払われても見るのが苦痛な作品だったと思う(笑)

でさ、宇宙戦艦ヤマトって、やっぱ日本人としては凄い「代表的SF」と言っていいぐらいの作品じゃないですか。

それを、満を持して実写化する・・・っていうときに、なんか、なんでああなるの?っていうような・・・・それを考えてみたい。と思った。切実に。予算とかの問題じゃないと思うんですよ。

僕、ガンダムも結構好き(特にファーストは)なんですけど、あれもね、ちょっと科学的に(というか”リアリティ”として)非常にヤバイ描写あるじゃないですか。

ファーストは比較的マシだった気がするんですけど、「逆襲のシャア」とか見てると、宇宙っていうのはただ空気が無いだけで、気温も放射線も人体にとって全然問題ないレベル・・・みたいな世界だなって思う。

息止めてりゃ宇宙を全裸で遊泳しても全然OKみたいな(笑)

いやいや、批判してるけどガンダムも宇宙戦艦ヤマト原作も僕結構好きなんですよ。でも、好きだからこそ、もうちょっとなんとかならんのかな?って思うじゃないですか。

例えば実写映画化するとなったら、お金かけただけは回収したいわけですけど、そういう時に、ああいう描写があったら一気に萎える人ってやっぱ多いですよね。特に、例えば海外展開するとなったりしたら。

で、作劇の都合とかさ、盛り上げるためとかさ、そういうので「どうしようもなくそうなっているんだよ、いちいち言うのは野暮だろ」・・・・っていうレベルの話じゃないんですよ。

映画やドラマの中の「天才ハッカー」がやたらキーボードをカタカタカタカタってやってるのはオカシイ・・・とか言うレベルだったら「演出」でいいんですけど。

でも、そういうのとは違うレベルのヤバさがありますよね。

別に、SFならSFでいいんだけど、攻殻機動隊とかアキラとかエヴァンゲリオンだったら、「そういうこともあるかも」的リアリティが感じられるし、海外にもコアなファンができる、新しい「日本発のかっこ良さ」を提示できてるわけなんでね。

あるいは、もう「少林サッカー」みたいにしちゃうんならまた普遍性があると思うけどね。なんか、そのレベルのテキトーさを、「凄く真面目な顔」でやられると、凄く恥ずかしい気持ちになるというか。

アメリカのドラマとか映画とか見てて、そういうシーンって、ほとんど無いですよね。特に最近のアメリカテレビドラマは、むしろ逆にやたら「マニアックに科学的なトリビアネタ」にこだわりすぎてるんじゃないか?ってのが多いぐらいなんで。

で、やっぱり、そういう「マットウさ」が共有されるってことは、これから世界的に売っていけるコンテンツを作るときに大事だと思うんですよ。

ただ、

「アメリカは凄いけど日本はダメだね」で終わったら永遠にこのままが続く

ので、

なんで日本じゃそうならないのか?彼我の違いは何か?どうすれば良いのか?

について考えてみたいんですけど。



アメリカのドラマや映画で、「科学的な真っ当さ」が基本的にシッカリしてるのはなぜかっていうことを考えると、まず基本的に「世界で一番ガッチリ作られた学歴社会」があるからなんですよね。

それが、「学位」とか「認証された客観知」に対する共有された尊重意識を社会に埋め込んでいる。

じゃあ、日本でもそれをすればいいじゃないか?って話になるし、実際にそういう流れには既になってるとは思うんですけど、ここで大事なのは、「無理押しにアメリカ化」するんじゃなくて、

「アメリカ的な客観知の尊重」のモードと同時に、「それが取りこぼすものを引き上げる特別な配慮システム」を、真剣に考える

ことなんですよ。「ハサミ討ちの形」でいかなくちゃいけない。

「科学的知識」を社会で共有するっていうことは、人々同士の「権力争い」の側面が常にある

んですね。

つまり、「科学的知識を尊重する」っていうことは、「現場的なポジションにいる人の、”そんなんこうに決まってるやんというショートカット回路”」を邪魔するということになりがちだし、逆もそうなりがちなんですよ。

だから、アメリカでは、「16歳で大学を卒業して物理の論文を書く才能」を物凄くエンパワーする引き換えに、いわゆる「底辺」的なところでかなり破滅的なことになってる「代償」を払ってるんですよね。

で、日本は、これから、「アメリカレベルに、客観的なシステムが縦横無尽に通用する社会」になっていくべきだし、そうしないと、経済もうまくいかないし、政治も何も決められない状況が続くし・・・・ってことではあるんですよ。

だけど、なぜそういう動きに「抵抗勢力」が現れるのかというと、そういう「システムをゴリ押す」だけだと、日本の「一番良い部分」も消えてしまう可能性があるからなんですよね。

グローバリスト的なポジションにいる日本人とか、「学歴的に恵まれた立場」だけで生きてきた日本人は、「日本人の几帳面さや勤勉さや秩序感」は、「タダで手に入るもの」だと思ってるフシがあるんですけど、そんなことは無いんですよ。

それは、やはり「そういう空気を維持するための儀式的メカニズム」が何重にも作用することによって、「かなり頑張って維持している長所」なんですよね。

だから、「客観知的なシステム」を、「ゴリ押す」だけでは、「そうは言ってもアメリカみたいにはなれない」という「本能的な拒否反応」が起きてしまうんですね。

そこをもし無理に押し切ってしまうと、「長所においてアメリカほど徹底できず、日本の良さ的なものも崩壊して使えなくなる」という、一番ダメなパターンに陥ってしまうんですよ。

そういう意味では、「抵抗勢力さん」には常に「隠された本質的な意義」があるんですね。

でも、何度も言うように、だからといって今のままズルズルと何もできずに衰退するわけにもいかないから、「客観知的なシステムがもっと通用する社会」にしていくことは絶対必要なんですよ。

だからこそ、「”抵抗勢力さん”が存在を許されていることの本質的意義」をまず考え、それを「別の方法で実現することで根枯らしにしてやろう」という発想が必要なんですね。



この問題がちゃんと解決していって、日本における「知性派(概念先行の個人主義者の”長州藩士”たち)」と「現場派(集団の中で生きる現地現物主義者の”薩摩藩士”)」たちとの「21世紀の薩長同盟」が実現できる文化が生まれた時に、

やっと、「日本発の、世界を席巻できる新しい商品」ってのは生み出せるようになる

んですよ。過去にウォークマンがやったような。

過去の、「自分たちの本能」だけで突っ走れた時代と違って今の日本は色々賢くなってるし、賢くならなくちゃいけない時代でもあるので、だからこそ、特別の配慮がないと、ただ「変人を大事にしましょう」って唱えるぐらいじゃ再度復活したりできないんですよ。

子供の頃なら無心に外国語が出来るようになったけど、大人になってからだとある程度文法の勉強も必要ですよねみたいな世界がそこにはあるんで。

ましてや規制緩和や金融緩和をしさえすれば生まれる・・・ってことは絶対ないです(そのこと自体の是非はともかく、日本人のクリエイティビティの広範囲な発揮を刺激する方策としては)。

この記事の最初の方で書いたけど、AKIRAとか攻殻機動隊とか、エヴァンゲリオンのメカニックって超カッコイイじゃないですか。世界中にファンがいる。

アップル社のデザインの浸透力・・・みたいなのに、”潜在的には”負けないレベルのオリジナリティと先鋭性があるんですよ。

でも、今はそういうのは「個人の名人芸」レベルで成立するものでしか価値に転換できてないですよね。

そういうのを、「広い範囲を巻き込むシステム」を噛み合わせようとすると、その「本当の価値」を「システム的なものがすくい上げるための特別な配慮が全然ない」から、途端に「実写版宇宙戦艦ヤマト」みたいになっちゃうんですよ。

それを超えていくには、「知的な日本人」は、「グローバリズムの威を借る狐」であることを辞めて、「日本好きのガイジンの視点」みたいなのにシフトするようにしなくちゃいけない。

「攻殻機動隊」のままだったら相当マニアックな人にしか受け入れられないコンテンツですけど、それをアメリカ人が再解釈して「システム」と接続させたら、「マトリックス」みたいな映画になって全世界で大ヒットする商品になるわけでね。

でも、アメリカ人にできるのは、「アメリカ的に単純に理解できる範囲まで」なんで。

だからこそ、日本の中の知性派は、そういう「再解釈機能」を、特別に真剣に練磨する必要があるんですよね。

そこに、「アメリカの後追いじゃない自分たちだけに出来る新機軸」の可能性が生まれる。



ただ、そういう「再解釈機能」を仕事にするってことは、「アメリカではこうなってんのに、なんでお前らできねーの?あーあ、ダメだねえ!」っていう形の仕事の作り方よりも難易度が高いんですよね。

だから、社会全体でそういう「再解釈機能」をバックアップしていくように持っていかないと、なかなかそういう方向の仕事を創りだしていけない。

でも、そこを乗り越えない限り、日本はあらゆる部分で「分断」を解消できないままどこにも進めずに閉塞し続けますからね。

その「どこにも進めない閉塞感」が、限界まで高まってきたら、「薩長同盟的価値」に対するニーズがやっと「広い範囲に自覚される」ところがありますから。

だから、限界まで罵り合ってることが必要なんですけど・・・もうすぐ、その「違和感」が臨界点に達して、ネジられまくったゴムがギャーンと戻っていくように、「新しい共通了解」が立ち上がってくるようになりますよ。

みなさんと協力して、日本をそういう方向へ持っていきたいと思っていますんで、ぜひご協力ください。

それが、「21世紀の薩長同盟を結べ(出版社のサイトで試し読みができます)」なんですよね。


このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。