スキップしてメイン コンテンツに移動

チャゲアスの客席の『うおおおお』からの「東アジアの平和」。

当時はそれほどでなかったんですが、「CHAGE and ASKA」さんのファンに最近なったんですよね。

で、色んな動画や曲を漁っていて思うのは、彼らの全盛期の客席って「独特の雰囲気」があるなあ・・・ってことなんですよ。

よく「2ちゃんねる」とかで、オタクさんの熱烈な反応を表す表現として

オタ 「うおおおおおおお!」

というような書き方をすることがありますが、

「まさにそれ」

が、

もっと「カッコイイ形」で実現

されていたのがチャゲアス全盛期の客席だったんじゃないかと私は思っています。




で、彼らの色んな映像を見ていて思ったことがあるんですがね。

全盛期の彼らは、アジアツアーを行い、またモナコで行われた国際的な音楽祭にも、「MTVアンプラグド」にも出ています。

それらを比較すると、客席の感じが

オタ『うおおおお!!!』

と「まさに同じ感じ」だなあ・・・と思ったのは、「アジア限定」だったんですよね。

中でも中国語圏(台北・上海)は「日本国内とほとんど同じ感じの”うおおおお!”」があった。

特に、「You are free」っていう曲とか、非常に「東アジア的」な、漢字二文字で表すならば「悠久」というような感情の流れがあって、それをアジアツアーで歌っている時の「感じ」は、「我々の古来からの共有遺産に直接的にアクセスしている」ような感じがします。(実際に華流スターがよくカバーしているそうです)

でも、「韓国」のノリはちょっと違うように感じますし(それでも”かなりアジア的”ではありますが)、モナコやMTVの出演は、そもそもチャゲアス自体が「彼らの一番良い部分」を出しきれずに終わってしまったんじゃないかという印象でした。

「YAH YAH YAH」の前奏が流れた時点で、客席全体が一つの「野蛮な生き物の集まり」になったような「あの感じ」・・・・が、「アジア人の共有財産」的な部分には猛烈に共鳴しているものの、「アジア外」なもの、そして「韓国人のある性質」とはうまく噛み合わずにいた・・・っていうような・・・そういう印象を最近私は持っています(そしてその結果として彼らの爆発的ムーブメントもどこか尻すぼみに終わってしまったのではないかとすら思える)。

さて、その「うおおおお!」は、チャゲアスムーブメントが尻すぼみになってしまってから、どこに行ってしまったんでしょうか?

その後「うおおおお!」を発見したなあと思ったのは、「キャナーリ倶楽部」というアイドル?さんの「ドキッ!こういうのが恋なの?」という曲のライブをユーチューブでたまたま見た時の衝撃でした。

客席の一糸乱れぬ感じが・・・・いや、ちょっと形は違うんだけど、でもチャゲアスの客席にあった「うおおおおお!」そのものだな!と思ったりして。

その流れは、多分ありとあらゆるその後の「アイドルムーブメント」の客席にはずっと息づいているのではないかと想像します。



そういう「うおおおお!」にある「野蛮性とピースフルさの両立」って、東アジア以外ではなかなか見ないんですよね。(最近は、色んな”オタク文脈”自体の輸出によって欧米にも理解できる人が増えている様子ですが)

東アジア以外での「似たようなムーブメント」っていうのは、もっと攻撃的になりがちなんですよ。

「個人の中の野蛮性を抑えこんでしまうようなお行儀良さ」があるか、逆に「そのまま”攻撃性”として噴出させてしまうか」のどちらか

になりがちで。

東アジア的「うおおおお!」にあるような、「個人の野蛮性を全部放出させつつ、全体としてピースフルに収める」、言ってみれば「祭り」の作法

が生まれづらいんですよね。

もちろん、彼らには彼らの「祭りの作法」があるんですが、なんかそれが・・・どこか薄皮一枚「文明的」すぎて、それがまわり回って色んなところで「暴発」を起こしているような感覚が私にはあります。

長い歴史の中のたいていの期間ずっと基本的には平和主義でやってこれた東アジアに対して、ずっと戦争をしていたような欧米社会との奥底の、「祭り」のモードの違いというかね。

私はその、

「物凄く野蛮な感じだけど、でもピースフルさも感じる」ような「うおおおおお!」

を起点にすることによってしか、「東アジアの平和」は実現できないと考えています。

東アジアの国の関係は今色々と問題を抱えていますが、しかし「モメている当事者」のみなさんというのは、そもそも「欧米由来のお行儀の良さそうな言葉使いのモード」自体こそが世界の悪の元凶ぐらいに思っているわけですから、「彼らに対して彼らが一番嫌いな言葉使いで話を持っていく」のも無理があるんですよ。

しかし「彼らには彼らなりの仁義」っていうものがありますから、「彼らの仁義」同士がストーリーとして噛みあうように持っていくことが必要なんですよね。

つまり、「そこに確かにある野蛮さ」に対して「出来合いの欧米的理屈で断罪しにいく」から、東アジア各国の人々の「本能」がそれに対して反発し、その結果が「お互いを非難しあう結果」に終わっているんですよ。

だからこそ、「そこに確かにある野蛮さ」を断罪せずに認めてしまいつつ、しかしピースフルな「祭り」に回収するような「東アジアの文化的伝統に則った祭りのストーリー」こそが今必要なものなんですよ。

この問題は、東アジア人が共有する、「面倒くさい話を吹き飛ばしてしまう”うおおおおお!”という回路」に対して説得的なストーリーを提示していくことでしか解決できないんですよね。

もちろん、それ単体で刺激していくだけだといろいろと不具合もあるんですが、「そういう人にはそういう理解ができ」て、かつ「アメリカンな普遍性を信じている」人には「そういう価値観として理解できる」・・・・そういう「裏表に貼り合わせる」ような言論こそが今必要なことなんですよ。

チャゲアスの歌声に、「なんか東アジア人として、わかるなあ、この感じ!」的に「うおおおお!」となっている映像を見るとき、私は常にその可能性について考えます。

私は大学卒業後アメリカのコンサルティング会社に入ったのですが、その「グローバリズム風に啓蒙的過ぎる仕切り方」と「東アジア人の美点を支える集団的本能」との間のギャップをなんとかしないといけないという思いから、「その両者をシナジーする一貫した戦略」について一貫して模索を続けてきました。

そのプロセスの中では、その「野蛮さ」の中にも実際に入って行かねばならないという思いから、物凄くブラックかつ、詐欺一歩手前の浄水器の訪問販売会社に潜入していたこともありますし、物流倉庫の肉体労働をしていたこともありますし、ホストクラブや、時には新興宗教団体に潜入してフィールドワークをしていたこともあります。(なんでそんなアホなことをしようとしたのかは話すと長くなるので詳細はコチラ↓をどうぞ。)

そういう「文明社会の外側の野蛮性」と「文明社会の窮屈さ」との間をあたらしい信頼関係で繋ぎ直すことが、「アメリカ的秩序が踏みにじってきたもの」が、ウクライナやアフガニスタンで紛糾している現在の喫緊の課題なのです。

一神教の彼ら同士はどこまでもぶつかり合わねばならない宿命みたいなものもありますが、しかし、我々東アジアの文化的伝統を共有する人間同士なら、その「アメリカ秩序の外側にある野蛮さ」自体を、「そのまま持ち寄って理解しあうモード」で理解しあえる潜在力があるはずです。

ニッチもサッチも行かなくなった世界の平和を維持するための「諸国民の公正と信義に信頼するあたらしいコミュニケーション・モード」=我々の奥底にある「野蛮かつピースフルなうおおおお!のモード」の徹底した活用が、強く求められている時代なのです。

より詳しくは、以下の記事をお読みください。


・「日中韓が心の底から仲良くなる方法」↓(少し長いですが、ある出版社の社長さんに、これはちゃんとお金取ってミニ電子本にするべきですよ!と言われたぐらいの力作です)
http://keizokuramoto.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html

・「●●人を殺せ!」的な方向で噴出していってしまっているエネルギーを、「断罪」するのではなくて「良い方向に誘導」することを考えよう!という記事がこちら↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html


面白かった!というアナタはコチラから100円投げ銭することもできます!

倉本圭造
経営コンサルタント・経済思想家
公式ウェブサイト→http://www.how-to-beat-the-usa.com/
ツイッター→@keizokuramoto

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。